二十歳までに考えておきたい12のこと―現代人の暮らしといのち

個数:
  • ポイントキャンペーン

二十歳までに考えておきたい12のこと―現代人の暮らしといのち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月20日 22時45分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784469267372
  • NDC分類 361
  • Cコード C3011

内容説明

本書は、成人を迎える「二十歳までに」、現代を生きる私たち自身の「暮らしといのち」を支えるために必要な知識と考え方を、できる限り多様な視点から幅広く網羅しようと試みたものである。それらは、無数にある視点のごく一部にしか過ぎないが、12項目のそれぞれが専門的知識に基づいた情報になっている。

目次

幸せってなんだろう?―生存権と人間の欲求
良いこと?悪いこと?―飲酒・喫煙・薬物乱用
人生ってどうしてつらいの?―ストレスとストレス対処
コミュニケーションって何?―他者と理解し合うために
自分の意見・他人の意見って?―集団の中の自分
人を助けるって?―援助することと、されること
メディアは社会の道標?―近代・現代はメディアの発達とともに
キャリアを形成する?―社会とのつながり
結婚がゴール?―自分の家族と自分がつくる家族
一人称の死?―自分自身のいのちを考える
二人称の死?―死別と悲嘆との向き合い方
ちゃんとした生活って?―健康観の変遷と生活習慣

著者等紹介

近藤卓[コンドウタク]
1948年生まれ。東海大学文学部心理・社会学科および大学院文学研究科臨床心理学系教授。子どもといのちの教育研究会・会長、日本学校メンタルヘルス学会・理事、日本学校保健学会・理事。専門は健康教育学、臨床心理学。臨床心理士、学術博士。高等学校の教諭を約10年間勤めた後、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。ロンドン大学精神医学教室客員研究員、群馬大学、立教大学などの講師の後、東海大学に勤務。今に至る。約30年間にわたってスクールカウンセラーを務め、現在も継続中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。