からだの文化人類学―変貌する日本人の身体観

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784469212938
  • NDC分類 389
  • Cコード C3039

内容説明

こわれたからだ、こわれた人間関係。日本人はなぜこんな形で遺体にこだわるのか。摂食障害やからだへの暴力がなぜ増えるのか。生も死も医療化していくなかで、揺れ動く日本人のからだを読む。

目次

第1章 器としての身体
第2章 人間関係を結べない身体
第3章 医療化する身体
第4章 隠される赤子の身体
第5章 顕わされる遺体
第6章 名前と身体と「個人」
第7章 靖国の死なない兵士たち
終章 植民地化される身体観

著者等紹介

波平恵美子[ナミヒラエミコ]
1942年福岡県生まれ。九州大学教育学部卒業。テキサス大学大学院人類学研究科留学(1977年、Ph.D取得)。九州大学大学院博士課程単位取得満期退学。お茶の水女子大学教授。専攻、文化人類学。関心の領域は広く、なかでも「ケガレ=不浄」説は、斯界の注目を集めた。近年は医療人類学の分野で活発な活動を行なっている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。