お年よりの妄想とせん妄―妄想もせん妄も覚醒時思考と睡眠時思考が脳裏に共在することで発症するのです

個数:

お年よりの妄想とせん妄―妄想もせん妄も覚醒時思考と睡眠時思考が脳裏に共在することで発症するのです

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月09日 17時32分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434273957
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0077

内容説明

目覚めているのに“夢”を見る?「妄想」と「せん妄」の発症メカニズムを、独自の仮説で解明する。

目次

1 妄想とせん妄、私の基本的理解(妄想もせん妄も、目覚めていながら、覚醒時思考と睡眠時思考が脳裏に共在することで発症します;妄想時やせん妄時には、脳裏に、覚醒時思考と睡眠時思考が共在し、それらでの像が同時に描かれているのですが、その覚醒時思考の源は脳裏に数多ある潜在思考です;妄想時に脳裏に描かれる睡眠時思考、その源はほとんどが妄想におちいる前に脳裏に描かれていた空想か回想で、せん妄時に脳裏に描かれる睡眠時思考、その源は眠っていたときに脳裏に描かれていた睡眠時思考そのものです;脳裏に活性度の異なる複数の思考があった場合、心のはたらきの強弱は活性が高いほうの思考の活性度に連動します;妄想とせん妄の違いは、出発点が違う、これだけです ほか)
2 例示(妄想;せん妄)

著者等紹介

杉山弘道[スギヤマヒロミチ]
昭和37年新潟大学医学部卒業。昭和44年学位取得(医学博士)。昭和46年長岡赤十字病院内科。昭和52年内科医院開業。平成11年介護支援専門員資格取得。平成19年内科医院閉院、以降はフリー。所属学会:日本内科学会・日本認知症学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。