外貨積立から不動産投資まで 今すぐ資産を増やす「マネー新常識」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434244995
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

内容説明

分散投資、外貨建て、ドルコスト平均法…「複業」から始めてローリスクで増やす。人生100年時代を生き抜く新しい資産運用術!

目次

第1章 これからは「貯蓄がリスク」になる時代(お金についての常識を疑う;日本円での預貯金はハイリスク・ローリターンの資産運用だ ほか)
第2章 私の人生を変えた「3つの黄金法則」(独立事業者である祖父の背中を見て育った幼少時代;学生時代のアルバイトで月収100万円を超える ほか)
第3章 第1ステージ:「年収+α」を目指す稼ぎ方(財産形成のステージ;まずは『貯めるマインド』を作る ほか)
第4章 第2ステージ:「ステップアップ」するための投資術(自分が働くのではなく、マネーを働かせて増やす;何よりも大事なのは減らさないこと ほか)
第5章 第3ステージ:「リタイア」を目指す資産運用(キーワードは「レバレッジ」;不動産投資は事業である ほか)

著者等紹介

杉田卓哉[スギタタクヤ]
1974年2月、兵庫県生まれ。北九州市立大学卒。一般社団法人マネー総合研究所所長。財形や投資など、マネーに関する専門家。大手精密機器メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃収入を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。上場企業や金融機関などからマネー・リテラシー教育に関する社内研修や講演などの依頼も多数寄せられている。また、財形や投資の知識を身に付けることを目的としたマネースクールを主催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TK

2
似たような本は何冊か読んでいるので、目新しいことはあまり無かったものの、例えがわかりやすかった。 ・お金についての常識を疑う。 ・お金は本来「労働の対価」として受け取るものではなく「価値提供の対価」として支払われるもの。 ・投資するにしても、お金を使うにしても、日本に限定せず、世界中から最適な物を選ぶ。 自分的 to do : 医療保険の保障内容の確認と見直し。外貨積立や外貨建て保険などについて調べる。2019/02/06

にゃもし

0
お金は守ろうとすれば減り、正しく使えば増える2020/11/25

arsogit

0
★★★☆☆ マネーリテラシーについて書かれた本。類似の本を複数読んでいるので、特に新しい知識はなかった。タイトルの割には殆ど不動産投資の話ばっかりだった気がする。2019/11/10

りょーすけ

0
外貨積立、不動産投資は難しい。 仕組みをしっかり勉強しないと無理だ。2018/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12760980

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。