CF(キャッシュフロー)不動産投資―“家賃収入1億円”“キャッシュフロー1000万円”を突破した人の次なる戦略とは?

個数:

CF(キャッシュフロー)不動産投資―“家賃収入1億円”“キャッシュフロー1000万円”を突破した人の次なる戦略とは?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 02時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434225888
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0030

内容説明

キャッシュフローの徹底理解で不動産投資を「見える化」せよ。「一棟買いか、区分所有か」の二者択一ではない不動産投資の新常識!

目次

第1章 不動産投資は事業として考える(不動産投資はやり方さえ間違えなければ成功する;地方RC1棟投資により2年半で家賃収入1億円を達成 ほか)
第2章 キャッシュフローの重要性を理解しよう(キャッシュフローが重要な理由とその計算式;物件の評価 ほか)
第3章 レバレッジを活かした不動産投資(不動産投資のレバレッジ;キャッシュフローの基準点を持つ ほか)
第4章 「年間キャッシュフロー1000万円」に向けて(第2のステージで考えるべきこと;投資対象の考え方 ほか)
第5章 再生物件にチャレンジする(再生物件について;事例1・マンモス物件の再生計画 ほか)

著者等紹介

才津康隆[サイツヤスタカ]
1976年生まれ、長崎県出身。大学卒業後、2年間のフリーター生活を経てサラリーマンになる。2009年5月から不動産投資の勉強を開始。2009年11月末、1棟目を購入。サラリーマンと不動産投資を両立し、投資を継続する。2012年3月、年間家賃収入1億円を達成し、30代の若さでサラリーマンを退職。現在は20棟、524戸の不動産を所有する不動産賃貸会社を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。