車の荒木鬼

個数:
  • ポイントキャンペーン

車の荒木鬼

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434155208
  • NDC分類 913.6

内容説明

昭和26年、空襲と烈震に打ちのめされた郷土福井に自動車整備工場を立ち上げた重男23歳、高度経済成長期の波に乗って会社は急躍進を遂げる。昭和一ケタ世代の車の鬼が家庭を顧みず突っ走った激烈人生、戦後史と重ねて克明に綴られたローカル色豊かな伝記小説。娘が父に捧げる鎮魂の書。

著者紹介

モハンティ三智江[モハンティミチエ]
福井県出身。作家・エッセイスト。1987年インド・ベンガル湾沿いの聖地プリーに移住、翌年現地男性と結婚・出産後ホテルオープン、宿経営の傍ら文筆業に勤しむ。現在ネットメディア社、銀座新聞ニュースに「印度の玉手箱」(エッセイ・ショートストーリー)を連載中のほか、短編小説「虹の魔窟のブローカー」で文芸思潮主宰の銀華文学賞を受賞するなど、小説家としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)