ウィリアム・オールド詩集―エスペラントの民の詩人

  • ポイントキャンペーン

ウィリアム・オールド詩集―エスペラントの民の詩人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434107047
  • NDC分類 999

内容説明

明日を夢見つ、今日を生き抜いたエスペラントの民の詩人ウィリアム・オールドの本邦初訳詩選集。

目次

『情熱の息吹』(一九五二年)から(エスペラントを学ぼうとしない恋人に;夜間飛行 ほか)
『子どもの種族』(一九五五年)から(第一章;第四章 ほか)
『ひと指の旋律』(一九六〇年)から(九月の朝;詠唱 ほか)
『折々の気分』(一九六九年)から(ザメンホフ先生お早いおでましで;一日の終わりの宴 ほか)

著者紹介

オールド,ウィリアム[オールド,ウィリアム][Auld,William]
1924年‐2006年。スコットランドの詩人。1937年にエスペラントを学習。本職で中学校副校長を務めたほか、世界エスペラント協会副会長、エスペラント学士院会長、エスペラント・ペンセンター会長などを歴任。エスペラントによる著述活動により、1999年以降、数回ノーベル文学賞の候補となった

臼井裕之[ウスイヒロユキ]
1967年‐。1981年にエスペラントを学習。現在は昼間の勤務のかたわら、エスペラント研究や英語社会学などの分野で研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)