Tsubaki 椿

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784434027086
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

遺書の中で今初めて明かされる母の過去。戦時下の長崎で繰り広げられる人間ドラマ。―不倫、初恋、父親殺し―カナダ・ケベック在住の日本人女性作家がフランス語で深甚の思いを込めて書いた渾身の感動力作。

著者等紹介

シマザキ,アキ[シマザキ,アキ][Shimazaki,Aki]
1954年、岐阜県生まれ。1981年よりカナダへ移住。1991年よりケベック州モントリオール市在住。1999年現地にて、フランス語で初めて書いた小説『Tsibaki―椿―』を発表し、大きな話題を呼ぶ。その後続編として『Hamaguri―蛤―』『Tsubame―燕―』を発表し、意欲的に創作活動に取り組んでいる

鈴木めぐみ[スズキメグミ]
1967年、広島県生まれ。立教大学文学部卒。1994‐1999年フランスに滞在。1996年ソルボンヌ大学文学文明コース上級ディプロム取得。1998年パリ第四大学文学部美術史学科第一課程修了
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

3
著者は日系カナダ人で、この本はフランス語で書かれたものを翻訳したもの。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AD フランス語は成人してからでアゴタ・クリストフに影響を受け作家活動をはじめたらしい。簡潔な文体、表現で、戦争の悪が紋切り型ではなく、人間の悪自体を問うている点が非常に好感を持った。こういうことは日本語ではない言語で書くことに意義があると思った。2020/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1350176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。