木の祭り―新美南吉ようねん童話絵本

個数:

木の祭り―新美南吉ようねん童話絵本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 19時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 30p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784434026027
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

新美南吉の、もぎたてのくだもののようにみずみずしい、ようねん童話絵本。

著者紹介

新美南吉[ニイミナンキチ]
1913年~1943年。愛知県生まれ。雑誌『赤い鳥』に「ごん狐」を初め多くの童謡・童話を発表。他に少年小説、民話的メルヘン等、優れた創作活動を展開したが、二十九歳で早逝

司修[ツカサオサム]
1936年、群馬県生まれ。画家、作家、大学教授、エッセイストと、きわめて幅広い分野で表現活動を行っている。絵本『まちんと』(松谷みよこ・文、偕成社)でライプチヒ国際図書デザイン展金賞を、小説『犬(影について・その1)』で川端康成文学賞を受賞

保坂重政[ホサカシゲマサ]
1936年、新潟県生まれ。『校定・新美南吉全集』(大日本図書)を初め新美南吉作品の企画・出版に編集者として関わってきた