完全版 地下鉄のギタリスト―Busking in London

個数:

完全版 地下鉄のギタリスト―Busking in London

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 15時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865980561
  • NDC分類 762.1
  • Cコード C0073

出版社内容情報

日本人初のロンドン地下鉄公認バスカー(Busker=楽器演奏者)が、日々の「busking」を綴る!! 特製CD 付き!!日本人初のロンドン地下鉄公認バスカー(Busker=楽器演奏者)が、日々の「busking」を綴る!!

音楽活動を諦めサラリーマンとなった著者が日々のストレスで精神崩壊。
ギター1本だけ持って単身ロンドンへ!
「人生を変えろ」

地元ロンドンの音楽家や市井の人々と直接ふれあう地下鉄での演奏「busking」の日々のなか、2005 年7 月には、あの「地下鉄同時爆破テロ」がおこる……。メディア報道では伝わらなかった当時の生のロンドンの姿が克明に描かれる。
UK ロックなどのメジャー音楽シーンとはまた違う、バスキングというイギリスの音楽文化を紹介する渾身の一冊!!

ロンドン地下鉄での生演奏(ソロギター)をライブ録音した特製CD 付き!!
(収録曲:La Campanella、Heal The World、Happy X'mas (War Is Over)、Over The Rainbow etc...)

雑誌ダカーポが選ぶ「BOOK OF THE YEAR 2006-2007」受賞、産經新聞が選ぶ「2006 年の最も面白かった本トップ3」にも選出された『地下鉄のギタリスト Busking in London』(2006年水曜社刊)を大幅に加筆修正した完全版!!

土門 秀明[ドモン ヒデアキ]
著・文・その他

内容説明

音楽活動を諦めサラリーマンとなった著者が日々のストレスで精神崩壊。ギター1本だけ持って単身ロンドンへ!人生を変えろ!日本人初のロンドン地下鉄公認バスカー(楽器演奏者)が日々のバスキングを綴る!!

目次

1 バスカーの聖地―2005.Apr.‐May(これが日本だったら;最高記録! ほか)
2 ロンドン地下鉄同時爆破テロ―2005.Jun.‐Jul.(ジョークマン・レスタースクエア駅長;天使の歌声・ドミニク姉さん ほか)
3 We are the champions!―2005.Aug.‐Sep.(リスニングテスト;完全燃焼 ほか)
4 魂のバスキング―2005.Oct.‐Nov.(レスターおろし;ブラインドマン ほか)
5 激闘編―2005.Dec.‐2006.Mar.(普通のおじさん;真っ赤なミニスカート ほか)
日本人初のバスカー誕生秘話

著者等紹介

土門秀明[ドモンヒデアキ]
山形県酒田市出身。1986年から1991年の間バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍。2001年に渡英。2003年に日本人初のロンドン地下鉄公認バスカーとしてランセンスを取得。2006年2月、『地下鉄のギタリストBusking in London』(水曜社)初版を出版。雑誌ダカーポが選ぶ「BOOK OF THE YEAR 2006‐2007」、産經新聞が選ぶ「2006年の最も面白かった本トップ3」に選出される。2012年、世界初のロンドン地下鉄構内ライブ録音CDアルバム『Live in Tube』をリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

書の旅人

5
表紙の少女に思いを馳せ、勢いで注文した後に著者の曲を検索して、涙腺崩壊…と慌ただしい出会いでした。 音感鈍感な私なので曲に関することは、ちんぷんかんぷんでしたが、100年前からあるという最古の地下鉄内で、個性豊かに演奏するバスカーたちの姿が、目に浮かぶようです。実際にロンドンまで行くことは出来ないので、映像で観てみたくなりました。2022/03/02

骨ゆん

2
読んでいると、ロンドンの歴史感溢れる地下鉄のホームにいる気がしてきました。ふと文面から頭を上げて、「あ、ここ日本だ」とハッとする事もありました。視界からロンドンの写真が消える事が殆どないからかもしれません。当然ながら普段意識しない世界にも物語があるんだな。2018/12/17

ted020

0
音楽で、好きな楽器で生活していくことって、もしかしたらできるのかも、と思わせてくれる素敵な本。付録のギター演奏も良いです。2019/09/16

ドルチェ

0
ロンドンでのバスキング音源の収録されたCD 付きで日々の土門さんのバスカー日記がより楽しめました。日本の地下鉄とは全く違う、多分レトロな町並みの路地裏てきな感じなのかなーそんかイギリスのTUBEを思いながら今までしらなかった世界を楽しめました。 2018/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12909684

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。