東京の懐かしくて新しい暮らし365日―巡りゆく日々の中で見つけたとびきりのお気に入りたち

個数:
電子版価格
¥1,699
  • 電書あり

東京の懐かしくて新しい暮らし365日―巡りゆく日々の中で見つけたとびきりのお気に入りたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月28日 08時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 368p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784426127770
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0077

出版社内容情報

知らなかった東京を発見し、知っている東京をより深く味わってみませんか。

知っているのに訪れたことのない場所がある。
まったく知らなかった場所がある。
東京でしかできない暮らしを楽しむ。

東京らしさを探して、東京にしかないものを求めて。
江戸と武蔵のなごりを探し歩き、お気に入りの場所でくつろぐ。
そんな時間にともに過ごせる本になるようにと願いを込めてこの本を作りました。

都会なのに緑が多い。人の優しさがあたたかい。
いろいろな人を受け入れてくれる街・東京のさまざまな魅力を知れば
この街も自分ももっと好きになれるはず。

内容説明

知っているのに訪れたことのない場所がある。まったく知らなかった場所がある。東京でしかできない暮らしを楽しむ。江戸と武蔵のなごりを探し歩く。お気に入りの場所でくつろぐ。いろいろな人を受け入れてくれる街・東京のさまざまな魅力を知れば、この街も自分ももっと好きになれるはず。

著者等紹介

中川よしこ[ナカガワヨシコ]
大阪府生まれ。野鳥観察が趣味で、野鳥を見るために一日森の中を歩き回ることも。しょっぱいもの好きで醤油せんべいとたこ焼きが大好き。肩は常に凝っている

中川マナブ[ナカガワマナブ]
東京生まれ。一時期は東京を離れたものの、かれこれ35年以上は東京に住んでいる。さんぽブロガー、旅・グルメライターとして各種媒体に寄稿中。カフェとコーヒーと甘いものをこよなく愛する生粋の甘党。それほど飲めないくせに、居酒屋の雰囲気が大好き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

101
東京の名所旧跡、老舗や新しいお店、東京らしい風景や風物が、日めくりカレンダーのように1日1ページで紹介されています。 知っている場所や未だ訪れたことがない場所、まったく知らなかった場所...「へぇ~、そんな所があるんだぁ」「そこ行ってみたいなぁ」という新しい発見があって、ページをパラパラめくっているだけでも楽しいです。寝転がって眺めるだけでなく、実際に出掛けてみたくもなります。 東京で暮らしている人にも東京に観光で訪れる人にも、訪ねてみたい場所が発見できるガイドブックです。2023/04/21

momogaga

50
これまでの類似本と違って、ローカルな東京もけっこう紹介されています。これからの東京本は、もっとローカル色が強くなって欲しい。2022/10/22

野のこ

23
いろんな東京の顔があるなぁってバリエーションにとんでて面白かった。マニアックのもあったり。いろいろ付箋をつけた。武蔵野うどん、浜離宮恩賜庭園の菜の花畑、新宿の温泉旅館、東京カテドラル聖マリア大聖堂、お酒のテーマパーク石川酒造、などなど2022/09/20

テト

22
東京の見所を、365日形式でいろいろなジャンルの東京を紹介しており、行ったところもあるし、行ったことがない場所も訪れてみたくなる楽しい場所もまだまだたくさんあると教えてくれた。また、写真がとてもよく、エッセイの中のお話を十分表現していて、より訪れてみたい感が高まった。トピックス的に内容が散りばめられているので、今日は気分でどこに行こうかと楽しめる本だった。2023/09/14

はるき

17
 最先端とノスタルジーが混在する不思議な街。行きたい所だけピックアップして、一月ぐらいかけて観光できたら素敵だな。なにせ情報量が多いから、短時間では咀嚼できません。2024/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19768432
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。