ベルソーブックス<br> 和食の魚料理のおいしさを探る―科学で見る伝統的調理法

個数:

ベルソーブックス
和食の魚料理のおいしさを探る―科学で見る伝統的調理法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月22日 10時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 165p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784425854318
  • NDC分類 596.21
  • Cコード C1362

内容説明

和食がユネスコ無形文化遺産に登録された。それには伝統的な魚食文化が大きく寄与している。魚の食べ方、それは生活の文化である。日本の食卓に伝えられてきた古人の知恵に潜む科学的根拠を明らかにする。

目次

第1章 調理で魚はおいしくなる
第2章 生で食べる
第3章 煮る・蒸す―水を使って加熱
第4章 焼く・揚げる―水を使わない加熱
第5章 汁物―うま味の極み
第6章 漬け物―発酵を使った食品
第7章 骨も内臓までも食べつくす
第8章 日本人が食べてきた魚―伝統的調理に活きる生活の知恵

著者等紹介

下村道子[シモムラミチコ]
1961年お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業。1970年同大学大学院家政学研究科修士課程修了。1971~2010年大妻女子大学講師、助教授、教授。現在大妻女子大学名誉教授。1997年日本家政学会賞。理学博士(上智大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。