交通ブックス<br> 弾丸列車計画―東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術

個数:

交通ブックス
弾丸列車計画―東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784425762118
  • NDC分類 686.21
  • Cコード C1365

内容説明

弾丸列車計画とは、昭和15年事業に着手した東京‐下関間線路増設計画のこと。高速列車の走行を考えていた。戦況の悪化により中断したが、東海道新幹線がわずか5年で完成できたのは、この計画が下敷きとしてあったから。しかし当時の鉄道の技術水準や計画の詳細は、一部の関係者を除いてほとんど知られていない。本書では、これまでに蒐集できた文献・資料を用いて、その全体像を明らかにする。

目次

第1章 新幹線構想の萌芽
第2章 輸送の状況
第3章 新幹線の軌間選定
第4章 新幹線計画の基本事項
第5章 新幹線の建設規格、基準
第6章 新幹線計画の基礎的検討
第7章 新幹線計画の概要
第8章 特記事項
第9章 事業の経過と中断
第10章 戦後の両本線の状況と東海道新幹線への道

著者等紹介

地田信也[チダシンヤ]
1974年国鉄入社、東京第一工事局、建設局に勤務、国鉄改革時に日本鉄道建設公団(現鉄道・運輸機構)に移籍。新幹線・都市鉄道の調査、計画、建設業務に従事。技術士(建設部門)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。