親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり
  • 動画あり

親が子どもになるころに―てんてん、介護問題に直面す。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 09時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422930947
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0095

出版社内容情報



親が子どもになるころに
――てんてん、介護問題に直面す。

*

介護は〈第2の親子関係〉の始まり。

そのときが、とうとうやってきた。

「親は今までのような頼れる存在ではなくなり、
私たちが保護する対象になってしまいました。」

「歳を取るということは、
それは若返ることだなあと思ったんです。
ウチの父は中学1年生くらい。」

*

うつ病を患った夫の闘病を描いたコミックエッセイ
『ツレがうつになりまして。』や
対人関係療法の水島広子医師との共著
「それでいい。」シリーズなどがベストセラーになった
漫画家・細川貂々が、
今度は親の介護問題に直面することに。


遠方でのひとり暮らし、幻聴、妄想、認知症、
年金、資産、制度、施設、入院、緊急事態宣言……


そこから見えてきた、
親と自分のこれからの姿――。


解説:青山ゆみこ
「介護という関わり」
(『人生最後のご馳走』『ほんのちょっと当事者』著者)

内容説明

介護は“第2の親子関係”の始まり。そのときが、とうとうやってきた。見えてきた、親と自分のこれからの姿―。歳を取るということは、それは若返ることだなあと思ったんです。

目次

第1話 父のこと(ひとり暮らしの父;そろそろ今後のことを考えてください ほか)
第2話 訪れた介護問題(考えるヒマもなく;そうこうしているうちに父の症状は急速に悪化 ほか)
第3話 思い返すと父は(どんな人?;いろんなことを思い出す ほか)
第4話 今度はツレの両親が(ツレの両親;でも新型コロナが流行り出して生活が変わった ほか)
第5話 親子の関係って?(老後は死んだ後のことじゃない;親との関わりの変化 ほか)

著者等紹介

細川貂々[ホソカワテンテン]
1969年、埼玉県生まれ。漫画家・イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業。現在、兵庫県宝塚市で、生きづらさを抱えた人たちが集う「生きるのヘタ会?」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

読特

45
子供は手がかかる。親はそれを受け入れる。親は頼るもの。頼られるなど思ってもみない。いつかは老後の世話がある。その日が来るまで依存し続ける。・・著者の父親の介護体験。入院、退院、介護施設選び。妄想癖を相手にし、通院にも付き添う。更にツレ様のご両親も介護となる。・・「親が子供になっていく」。昨年、自分の母も介護施設に入所した。著者ほど苦労はしていないが、感覚は理解できる。それでも、親は親。心のどこか頼り続けたい自分がいる。いずれ迎える自らの老後。健康は永遠には保てない。立場を変えても問題を考えなくてはならない2022/07/17

anne@灯れ松明の火

26
ネットご紹介。地元に入っていたので、早速読んでみた。てんてんさんも、こういう問題に直面する年代になったのだなあ。親が年を取ることを「子どもになる」と表現し、小学生、中学生として絵にすることで、すごくよく伝わってきた。離れたところで一人暮らしするお父さん。そこへコロナ。さらにはツレさんの方のご両親。大変だ~! 格好つけず、正直に毒も吐いているのがいい。そんな後での最後のページには、思わず うるっ。状態が落ち着いた時だからこそ書けたのかもしれないが、読者への情報もしっかりしていて、オススメ。2022/09/19

pirokichi

22
先週帰省したら、母の認知症が更に進み、私のことを完全?に忘れてしまっていた。そんな時Twitterで本書を知り、これはぜひ読みたい!と手に取った。本書は『ツレがうつになりまして』の細川貂々さんの実体験を描いた介護コミック。ご夫婦ともひとりっ子なのか、実父、義父母の三人の介護に直面することになる。読みながら、母とのいろんなことを思い出した。私のことを忘れても、幼稚園の子どもみたいに小さくなってしまったけど、母はわたしにとって、いつまでもお母さんで、大きな大きな存在なんだよ。 青山ゆみこさんの解説も良い。2022/06/21

ぽけっとももんが

14
親の言う「ちゃんと考えてる」は死後のこと、介護などは抜けている、というのはよくわかる。墓はある、葬式代やこどもたちに残すお金だってちゃんとある。そうじゃないんだよ、そこまでの道のりを、いかに親子で乗り切るかなんだよ。実母は考えすぎて10年かけて終活し、今はわたしの近くのサ高住に引っ越してきたけれども、義母はどうもそう考えていそうだ。まだ元気だけれども、その元気なうちに兄弟話し合って口座をまとめたり代理カードを申請したりした方がいいんじゃないのかね、と思うけど嫁は何も言いませんよ。2022/11/20

カッパ

11
ツレウツの作者さん。それぞれの親の介護の話。奥さんの方はお父さん。「大丈夫だから」しかいわないお父さん。認知症になりトラブルをおこしたのち施設にはいることになる。最初は遠方にいたがのちに近くの施設にかわり穏やかにすごしていく。ツレさんのお義母さんはお義父さんと暮らしたがる。2人一緒に住むところを探すには苦労する。どちらも歳をとるとこどもに戻る。他人事ではないように感じた。2023/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19660084
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。