大阪市史編集の100年

  • ポイントキャンペーン

大阪市史編集の100年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422930671
  • NDC分類 216.3

目次

第1章 大阪市の修史事業(日本最初の市史編纂;『明治大正大阪市史』『昭和大阪市史』『昭和大阪市史続編』;『新修大阪市史』 ほか)
第2章 調査・収集事業と史料調査会(大阪市史料調査会と調査収集事業;史料の調査・収集と整理および目録の作成;史料調査会と調査収集事業の今後と展望)
第3章 さまざまな史料の収集(史料調査会初期以来の調査―藻井泰忠氏所蔵文書;大阪市史とゆかりのある史料―山本家文書;新田の史料―中谷家文書 ほか)

出版社内容情報

【解説】
府県や市町村の自治体が、地域の通史を編纂することは多いが、全国ではじめて編纂されたのは『大阪市史』であった。その編纂の責任者として抜擢されたのが、弱冠28歳の新進学者、幸田成友で、10年後の明治44年に第1巻刊行、大正4年に全5巻7冊が完成、名著と称された。以後、4度にわたって市史はつくられ、現在『新修大阪市史』本文編全10巻につづく史料編を準備している。本書は大阪市の修史事業を概説するものである。

【目次】
大阪市史編纂所編