山猿流自給自足

個数:
電子版価格 ¥1,836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

山猿流自給自足

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422930411
  • NDC分類 611.98

内容説明

自力で家を建て、田畑を耕し、山を守る。自然の流れに乗る還暦からの生き方。自作住宅、創作家具、食料自給、自然養鶏、自家採種、棚田再生、森林保全、循環型、地産地消、帰農―。ほんものの自給自足を求めて、丹波の自然暮らしで得た経験を、多数の実証写真とともに集大成。

目次

第1章 進化する創作住宅と家具
第2章 汗をかく農林の営み
第3章 生き物交流録
第4章 循環生産で自給を究める
第5章 自家採種に徹し山猿種創り
第6章 「百匠」構想と山里の人間模様

著者紹介

青木慧[アオキサトシ]
1936年、兵庫県に生まれる。1959年に上京後、新聞・雑誌の記者などを経て、1979年からフリージャーナリスト。1995年に丹波市に移住、山猿塾を主宰しながら著作活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【内容紹介】
団塊世代が間もなく定年を迎えるにあたり、田舎暮らしや帰農に注目が集まっている。著者は東京でジャーナリストとして活動していたが、還暦目前の1995年に兵庫県丹波市に移住。食糧の完全自給と自宅の独力建築に奮闘し、10年のうちに独自の生活空間を築き上げた。本書はその10年の集大成として、定年帰農、セルフビルド、自然養鶏、自家採種、棚田・森林再生など、農的生活で得た経験のすべてを書き下ろし、自然流の生き方を提案する。  
 
【詳細目次】
はじめに  丹波の出戻り「山猿」

◇第一章 進化する創作住宅と家具
逆コースで上ってきた丹波の新天地
「山にある田」がわが本拠地
土間には丸太作りの創作家具
半自作の薪ストーブも魅力的
土間と居間は一つの生活空間
多目的、多機能の各部屋
夫婦の本業の拠点は仕事場と書斎
本業の進化につれて拠点も進化
自然観察、自然取材が基礎
暴風に強い「ロ」の字の構造
通気と採光を豊かにする中庭
陽光いっぱい一四畳テラスの仕掛け
熱気排出と全館暖房用の五角ドア

◇第二章 汗をかく農林の営み
からだが求めていた全身労働
横着栽培で試した作物の生命力
借地で「山猿塾汗かき農園」開設
崩壊寸前の山際をどう守るか
治山治水の起点は山なのに
日本の木を使い日本の山を育てる
自主単独の森林ボランティア
冬場は山で快適スポーツ労働
マツタケ山は再生できるか
森林に侵入した竹を伐採し活用

◇第三章 生き物交流録
食いつ食われつの命の交換
人と犬の侵入で一変した野生
野生動物たちの情報社会
毒にも薬にもなるマムシとムカデ
初代の番犬・習志野権兵衛
本性を奪われた鶏と番犬の同居
犬、鶏、ウサギの同居と三角関係
老いた権兵衛とその後継番犬
野育ち過ぎたか「高見の文吉」
野生に田畑を荒らされる山際の危機
山猿塾は食い物争いの最前線
金網柵でも猪突猛進で大穴
空からお見通しの野鳥たち
イタチがイタチごっこに決着
取られたものは腕ずくでも取り返す

◇第四章 循環生産で自給を究める
貴重な南向きの土地の恩恵
放し飼いの鶏と果樹の共存共栄
雑草も山の下草や落ち葉も収穫
動物性蛋白質は生きた獲物で
物質循環に乗り飼料や肥料も自給
鶏の「ひっかきつつき労働」を活用
農作物は手作り一貫生産
自家製の手作りうどんは最高
自分で孵し育てた鶏も自分で解体
複数の水源から水を循環
アマゴ、コイで魚の自給に挑戦

◇第五章 自家採種に徹し山猿種創り
就巣本能も奪われた鶏
自家孵化で多世代同居の飼育
就巣と自然孵化には成功したが
山猿種は学習力抜群で多彩
汚染され奪われていく種子
自給に欠かせない代々の自家採種

◇第六章 「百匠」構想と山里の人間模様
土手上に多機能の百匠館を建築
陽光と風をいただく生産の拠点
自然の産物を保管し活用する
荒れる山と荒れる田畑の連鎖反応
具体化、実物化で社会の流れに
いろいろ試し自然の裁きを
地元の坂尻五軒の協力、共同
山里に降ってわいた墓地事件
背後の金づる企業も登場し
裁判にも区民の団結で勝利
山里は苦境だからこそ多士済々

おわりに  いくつまでどこまでできるか