鈴木大拙

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

鈴木大拙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422800721
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0381

出版社内容情報

鈴木大拙は、日本が世界に誇る宗教哲学者。禅や日本浄土教の人間観や世界観に基づく思想から発せられた多彩な言葉を集大成した。日本が世界に誇る宗教哲学者・鈴木大拙は明治3年(1870年)に生まれ、若くして禅の奥義を体得、27歳で渡米して10余年にわたって仏教活動を展開する。戦後も欧米の多くの大学で講義をするとともに、一流の思想家や哲学者と交流しながら、95歳で没するまで仏教の人間観や世界観を広め世界から注目される。禅や日本浄土教に基づく広く深い思想から発せられた言葉を、膨大な著作や同時代に生きた人々の証言から選んで解説。

言葉編
 I 大拙の禅─無心ということ
 II 大拙の禅─即非の論理
 III 日本的霊性─浄土教と禅
 IV 大悲に生きる
 ? 東洋と西洋など

生涯編
 略年譜
 大拙の生涯と思想

竹村 牧男[タケムラ マキオ]
著・文・その他

内容説明

慈愛に満ちた広く深い大拙の思想にいま世界が注目している。新たな仏教がここから始まる。世界に誇る日本の宗教哲学者のこころと言葉!

目次

言葉編(大拙の禅―無心ということ;大拙の禅―即非の論理;日本的霊性―浄土教と禅;大悲に生きる;東洋と西洋など)
生涯編

著者等紹介

竹村牧男[タケムラマキオ]
1948年、東京に生まれる。東京大学文学部印度哲学科卒業。専攻は、仏教学、宗教哲学。筑波大学教授、東洋大学教授などを経て、東洋大学学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ykshzk

16
「即今、此所」(=今、ここ)に集中することが、いま本当に難しくなっていると思う。必要無いのに、何故かスマホに手をのばして、外界(しかも狭い)を見てしまう。それはとても危険な状態だと思う。昨年来「主客未分類」について考えていて(しばらく答えに至れる気がしない)今年も引き続き自分のテーマにしたいと思っている。鈴木大拙の言葉を抜き出して解説してくれている本なのだけど、感想を書く力量は今の私には無し。近くのお寺に座禅に行こうと思えば行かれるのだけど、未だ無理。座禅に行った自分、に満足して、答えから遠くなりそう。 2022/01/05

trazom

10
鈴木大拙の生涯と思想のエッセンスをコンパクトにまとめた密度の濃い一冊である。大拙がキリスト教に関して語った言葉を拾い出すだけでも面白い。主客未分以前を「光あれ」と関連して把握したり、仏教は往相と還相の双方向あるのに、キリスト教は一方向への直線であると批判している。また、禅の修行を積んだ大拙であるが、彼の思想の中心である事事無礙法界や即非の論理が、華厳思想や浄土教から大きな影響を受けていることが実感できる。日本的霊性の知性的方面に現れたのが禅であり、情性的方面に現れたのが浄土教だという整理は正鵠を射ている。2018/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12821969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。