時間のしくみを科学する

個数:
  • ポイントキャンペーン
  • 動画あり

時間のしくみを科学する

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月15日 23時01分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 24p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784422760698
  • NDC分類 E
  • Cコード C0742

出版社内容情報



退屈なときは時間がいつまでも進まず、楽しいときはあっというまに過ぎてしまいます。そのときの感情によって、ひとりひとりが感じる時間の長さは変わります。

でも、それとは反対の「客観的な時間」も存在します。
「いま、何時なの?」
この質問に答えるために、人びとは試行錯誤を繰り返しながら時間を計る道具を発明してきました。時間ごとに変わる影の長さを利用した日時計、歯車を組み合わせた機械式の時計、そして数億年に1秒しかずれない原子時計……。

でも、ちょっと待ってください! どうしてそこまで正確に時間を計る必要があるのでしょう?
ヨーロッパでは、18世紀ごろまでは時を知らせる教会の鐘の音が聞こえるところまでが、ぴったり同じ時間を使える範囲でした。ほとんどの人が同じ村で一生を終える時代では、遠く離れた場所までぴったり同じ時間である必要はなかったのです。
ところが19世紀に鉄道が発達すると、鉄道沿いに電信網が張り巡らされて、やっと広い範囲で「ぴったり同じ時間」が使えるようになりました……。

こんな楽しい時間のお話がこの本にはいっぱい!
そのほかにも、生物の命の時間、わたしたちの祖先や子孫の時間、夢の中の時間、そしてアインシュタインの発見……いろんな時間の秘密が詰め込まれた、楽しい学習しかけ絵本です。科学と論理的思考が学べるので、子どもも大人も一緒に時間の謎に挑戦してください。

内容説明

「時間」の秘密が飛び出す学習しかけ絵本。生物によって異なる命の時間、感情によって伸び縮みする時間、とっても大雑把な日時計の時間に、数億年に1秒しかずれない原子時計の時間…いろいろな時間を集めて、そのしくみをやさしい言葉とイラストで解き明かします。大人も子どももいっしょに楽しめる学習しかけ絵本で、時間の謎に迫る旅に出かけてみませんか?

著者等紹介

デュプラ,ギヨーム[デュプラ,ギヨーム] [Duprat,Guillaume]
古今東西の宇宙観やさまざまな文化における時間のとらえ方を研究し、その成果を目で見て誰にでもわかるような作品にしている科学絵本作家。著書『地球のかたちを哲学する』(西村書店)で、2009年度のボローニャ国際児童図書賞(ノンフィクション部門)およびフランス青少年図書賞を受賞

カーボネル,オリヴィエ[カーボネル,オリヴィエ] [Charbonnel,Olivier]
グラフィックデザイナー。1989年から独学でポップアップの制作を行うほか、イラストや彫刻の制作にも取り組んでいる

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
上智大学文学部フランス文学科卒。おもにノンフィクションの出版翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のん@絵本童話専門

0
しかけ絵本のため貸し出し不可で、ざっと図書館で読みました。時間を科学した本です。種別、年齢、さらに個々人の感情によってすら時間の長さは違って感じられる。時間の長さは個人的なものだということや、どう一日の時間やカレンダーを統一していったかについて多く書かれていた印象です。2022/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18352980
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。