将棋パワーアップシリーズ<br> 精選必至200問―実戦的な傑作問題集

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

将棋パワーアップシリーズ
精選必至200問―実戦的な傑作問題集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422751245
  • NDC分類 796
  • Cコード C2376

出版社内容情報

必至とは相手玉を受けなしで詰む状態に追いこむこと。とはいえ、将棋の終盤戦でいきなり相手玉が詰んでしまうことはない。詰みに至る前にまず「詰めろ」を掛けなければならず、その「詰めろ」が受かるか受からないかを正確に読めなければ失敗する。必至問題は、その解答で本当に玉方に受けがないかを読む必要があるため、詰将棋より読む量ははるかに多い。終盤を強くする最高のエキスを得るために必携の一冊。

内容説明

必至問題は、終盤を強くする最高のエキス!自分の攻めと玉方の最善の受けを正確に読むことで、詰めの力がぐんとアップします。

著者等紹介

青野照市[アオノテルイチ]
昭和28年静岡県焼津市に生まれる。43年4級で故・廣津久雄九段の門下に入る。45年初段。49年四段。第5期「新人王戦」で優勝。51年五段。53年第5期「名棋戦」で優勝。54年六段。第10期「新人王戦」で優勝。55年七段。57年第1回「全日本プロ将棋トーナメント戦」と第32回「NHK杯戦」で準優勝。58年八段。A級順位戦入り。平成6年九段。10年第21回「升田幸三賞」受賞。12年第8回「達人戦」で優勝。将棋栄誉賞(600勝)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kaz

3
必死。結構身についてきました。2018/07/01

根室

3
1~3手の必至。沼さんの1~3手必至本より実戦的な問題が多いぶんだけ易しい印象   2012/03/03

丘の家

1
初段最底辺レベルの私にはいい勉強になる難易度で、けっこう満足のいく内容の棋書だったが、不満な点も少しあった。解説やヒントの日本語が怪しいのはご愛敬としても、玉方の最善の受けが解説されていなかったり、まちがった解答(3手必至と解説されているが実際には5手必至)や、そもそも即詰みがあるので必至をかける必要のない問題まであったのにはちょっと腹が立った。必至をかけたあとの即詰みにかんしても、1手詰があるのに3手詰を解説してたりしてなんだこれって感じだった。ただまあ、良書であることは揺るがない程度の疵ではあった。2020/01/14

nerozou666

1
青野照市九段の初歩的な必死問題集。1手必死が100問、3手必死が100問掲載されています。必死問題は詰将棋よりも難しく、出版されている棋書も少ないのが困りもの。しかしその中でもこの本は短手数の問題に絞ってあり級位者にも手を出しやすいです。ただ、1ページに2問掲載されているので次の問題の答えが目に入りやすいのと、1問毎の解説が短いのが難点です。2019年12月時点でこれより優れた必死問題集には出会えていませんが、必死問題集は今後もっと出版されて欲しいものです。2018/10/13

あなあき

1
1手必至と3手必至が半分ずつで計200問。1手問題は、詰めろを順番にかけていって受けなしになればいいので何とかこなせたんだけど、3手の方は、初手に王手が含まれるし、詰めろの受け方を2回分読まないといけなくて読みの総量が半端なく、自力で解けた問題は半分くらいだった。通読するのに苦戦したが、著者が「はじめに」で言ってるように、自分の攻めと相手の最善の受けを読んでいくことは「終盤力を高める最高の訓練」になるし、自分にとって一番厳しい応手を考えるのは、自分に都合のいい甘い読みをしないことにも繋がるってのはホント。2014/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1575560

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。