たくましくて美しいウニと共生生物図鑑

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン
  • 動画あり

たくましくて美しいウニと共生生物図鑑

  • 山守 瑠奈【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 創元社(2021/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 85pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月15日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422430430
  • NDC分類 484.9
  • Cコード C0045

出版社内容情報



「ウニは磯で暮らす
小さな生き物たちの大家さんなのです」

ウニといえば、軍艦巻きにウニ丼……
ついそんな美味しいイメージを浮かべてしまいますが、
当然のことながらウニにも暮らしがあります。
体中を張り巡らすトゲは手足の役割を果たし、
体の下にある口でご飯を食べ、
頭のてっぺんから糞を出します。
さらに、鋭い歯で巣を掘るウニもいて、
そこには他の生物が暮らしているというのです。

幼い頃から海の生物に親しみ、
小学生の自由研究以来
ずっと海洋生物の研究を続けて全国各地の海で
フィールドワークを積み重ね、現在は白浜にある
京都大学フィールド科学教育研究センターに勤務して
日々共生生物を発見・研究する、山守瑠奈さんが
ウニと共生生物の世界をご案内します。

1章では巣を掘るウニと住み込み共生する
生き物についての基本情報をQ&A形式で、
2章ではウニの巣穴および周辺、またウニに限らず
共生する生物を図鑑形式で紹介します。
3章では山守さんが研究者になるまでの道のり、
そして在野の研究者ならではの視点で、
海のフィールドワークへ誘います。

海洋生物の多様な生態系を密かに守るウニと
そこで暮らす小さな生物たちの姿を
じっくりご覧ください。

●環境配慮型書籍●
FSC認証、グリーンプリンティング、植物性インキ使用

内容説明

歩く?巣を掘る?Q&A形式でウニの秘密を探る。家主ウニ6種、ウニと暮らす生物約40種をご紹介する他、ウニ以外の海の多様な共生系をギャラリーでご紹介。研究者の日常や、観察のポイント、フィールドワークガイドや海のルールブック。巻末インタビュー:海の共生生物研究の次世代を担う二人が「巣穴を覗いて見えたもの」を語る。

目次

1 ウニってどんな生き物ですか(ウニの体のつくりはどうなっていますか?;ウニって歩けるんですか?;ウニはどこに住んでいますか?;ウニは何を食べているのですか?;ウニの巣穴はどんな形をしていますか?;他の生物がウニの巣穴に住むのはなぜですか?;「共生」ってなんですか?;ウニが死んだら巣穴はどうなりますか?;どんな生物がウニと共生するのですか?;巣穴を掘るウニに天敵はいますか?;ウニは海の中ではどんな存在なのですか?;どうしてウニの巣穴を研究するのですか?;2 たくましくて美しいウニと共生生物図鑑(家主、ウニ;ウニの巣穴にのみ住み込む生物;ウニの巣穴のさまざまな共生生物;隙間を利用するウニの共生者;共生生物ギャラリー)
3 ウニと暮らす生き物に会いに行こう(磯から磯へ、ウニの巣穴の小宇宙を覗く マイフィールドワークライフ!;ウニと暮らす生き物に会いに行こう フィールドワークのススメ。;フィールドワーク・ルールブック)
巻末インタビュー 巣穴を覗くと何が見えるの?(山守瑠奈(京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所)×邉見由美(京都大学フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所))

著者等紹介

山守瑠奈[ヤマモリルナ]
1994年生まれ。埼玉県出身。2021年3月京都大学大学院人間・環境研究科卒業後、京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所にて日本学術振興会特別研究員(育志賞PD)。同年10月より同実験所助教。幼い頃より瀬戸しまなみの生名島で海洋生物に触れあい、小学5年生の自由研究で釣りの成果を分析、中学時代はクラゲにのめりこみ研究者を志す。高校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に進学、1年次よりクラゲの研究をし数々の大会で受賞する。京都大学農学部資源生物科学科に進学後もクラゲの研究を続けるが、その後大学院で京都大学大学院人間・環境学研究科(加藤眞研究室)へと進みウニとその巣穴の住み込み共生生物を専門とする。全国各地の磯や干潟で日々フィールドワークを行いながら日本生態学会、日本ベントス学会など数々の学会で発表を重ね、京都大学農学部、奈良高校など学生への授業も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

101
前半はウニとはどんな生き物か。次はウニと共生する生物図鑑(ゴカイ、ヒトデ、アミ、エビ等)、ウニをフィールドで観察するやり方。私の住んでいるところは海に近いのでウニは殻を含めて見ることも多い。新鮮な殻にはアリストテレスの提灯という口の部分を見ることができる。ウニに限らず海の中の生物は何らかの役割を果たしていることに気づく。いrない生き物など無いのだ。話は変わるが回転寿司の原価率はウニが一番高いそうである。図書館本2021/11/21

15
ウニの巣穴に共生する生き物たちを中心に、著者のウニ愛がオールカラーで爆発した本。丸山先生のアリの巣に共生したり、たかったり、寄生したりする生き物図鑑が面白かったんだけど、陸のアリの巣が海のウニの巣みたいになってんだなあ。ウニのトゲで守られたそこは弱肉強食な海におけるサンクチュアリなのかも。ちっちゃい頃、砂浜でちっちゃく穴の開いた二枚貝を集めて、糸を通して首飾りとか作ってたんだけど、あれは肉食の貝が中身融かしてすすった穴だったんですね…。知らない生き物いっぱいで面白かったです。2022/09/10

海星梨

8
ウニだけではなく共生生物という観点からまとめた本。図鑑だから仕方ないけど、もっと専門的な話も知りたかった。論文読んでみるのものいいかもしれない。英語っぽいけど……。磯には行ってみたいんだけど、なんかそういう体験プログラムないかなー探してみよう。ヒトデ、ナマコときてウニ。次はウミユリだな! ウミユリで一冊本があるか知らんけど。2023/10/10

四不人

6
ほとんどの生物は共生・寄生体との複合体なんだなあ。ウニとその巣穴にこんなに共生者がいるとは思わなかった。そういや、好蟻性昆虫の図鑑も面白かったっけ。何より生き生きと研究している若い子の話は面白くて気持ちがいい。最後の対談も良かった。何かに役立てようと思ってやっていない研究は純粋で素晴らしい。頑張ってもっと本を書いて欲しいなあ。不満を言えば、写真が小さくてよく判らないものがある。もっと大きな判型がいいけど、価格が上がるんだろうな。2022/03/31

Tomonori Yonezawa

5
地元図書館▼2021.10.20 第1版1刷▼全3章135頁、ウニって?、共生生物図鑑、会いに行こう。▼割とフツーの作りな標題通りの図鑑本、2章までは。写真はアップ過ぎると思う。もっと引いた写真も別に欲しいかな。▼chapter3、著者の生い立ちから始まるこの章が面白い!クラゲにハマった女さかなクンは京大目指すぜ。どうやって共生の道に進んだのか?フィールドワークの楽しさは?読んでて幸せ気分になる章だ。▼これはアレだな、むしろ児童館のヤングアダルト新刊コーナーに面陳して欲しいね。中高生に読んでもらいたい本。2022/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18503874
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。