シリーズ戦争学入門<br> 戦争と技術

個数:

シリーズ戦争学入門
戦争と技術

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月16日 14時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422300771
  • NDC分類 559
  • Cコード C0331

出版社内容情報

技術は、戦争の変化を最もよく説明する変数である。

本書では先史時代から現代にいたる技術の進化、戦争への影響を考察。豊富な事例をもとに、技術と戦争の相互作用を体系的に論じる。

弓、チャリオット、攻城兵器などの軍事技術の発展はもとより、城塞、道路、蒸気・内燃機関、通信、コンピューター、原子力などの軍民両用技術が戦争と社会にもたらした影響をみる。

内容説明

技術は、戦争の変化を最もよく説明する変数である。本書では先史時代から現代に至る技術の進化を壮大なスケールで考察。豊富な事例をもとに、技術と戦争の相互作用を体系的に論じる。弓、チャリオット、攻城兵器、火砲などの軍事技術の発展はもとより、城塞、道路、蒸気・内燃機関、通信、コンピューター、原子力などの軍民両用技術が戦争と社会にもたらした影響をみる。

目次

第1章 イントロダクション(本書の目的;本書の方針)
第2章 陸戦(先史時代の戦闘;古代の戦闘;最初の諸兵科連合パラダイム;新アッシリア帝国;古典古代の戦闘;中世の戦闘;火薬革命)
第3章 海、空、宇宙、そして近代の戦闘(海戦;空戦;宇宙における戦闘;近代戦;総力戦)
第4章 技術的変化(研究開発;両用技術;軍事革命)
結論

著者等紹介

ローランド,アレックス[ローランド,アレックス] [Roland,Alex]
デューク大学歴史学部名誉教授。海軍士官学校卒業。ハワイ大学マノア校修士課程、デューク大学博士課程修了(Ph.D.)。専門は軍事史、技術史

塚本勝也[ツカモトカツヤ]
防衛省防衛研究所理論研究部社会・経済研究室長。筑波大学卒業、青山学院大学大学院を経て、フルブライト奨学生としてタフツ大学フレッチャー法律外交大学院留学。同修士、博士課程修了(Ph.D.)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さたん・さたーん・さーたん

3
古代から現代までの戦争技術史を、それぞれ時系列・陸海空・両用技術としての観点に分けて紐解く。行きつ戻りつ繰り返し触れられる革命的技術が主で、近代的な戦闘機・戦車・戦艦などの突っ込んだ技術比較はない。戦法・戦略の基本は不変であり、本書で解くのはその変数としての技術の遷移であり、社会や世界の変動の歴史に深く関わるさまを解きとてもおもしろかった。2020/10/29

Go Extreme

0
あらゆる社会:固有の戦争の様相が現れる 戦争がいかなる傑相を呈するかを見極→極力抑制する方策を考える 平和を「常態」・戦争を「逸脱」と捉える見方は誤り 戦争を軽視→平和の軽視 平和を欲すれば、戦争に備えよ→平和を欲すれば、戦争を研究せよ 戦争を囲い込み・飼い慣らす以外に方策なし 戦闘を最も変化させた変数:技術 先史時代から近代までの戦闘:技術ほど完全に説明する変数なし 石器時代から核時代にいたるまで、技術が戦闘を進化させる原動力 物質的世界が変化しないかぎりは技術でな→最も物質的なものが技術2020/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15792181

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。