交渉に使えるCIA流嘘を見抜くテクニック

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

交渉に使えるCIA流嘘を見抜くテクニック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 23時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422300627
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0031

出版社内容情報

「会社の今後の見通しはとても安定している」と語った上司、彼は本当に真実を語っているのだろうか? 「昨夜は女子会で遅くなった」と言った娘、彼女の言葉は信用してもいいのだろうか? 誰にでも日常的に、相手を疑わざるを得ない状況というものがある。相手の嘘が見抜けるスキルがあったら、どんなにいいだろうか。本書では、3人のポリグラフ検査を専門とする元・CIAキャリア・オフィサーが、広くあらゆる人が利用できるように工夫した「嘘の見抜き方」のテクニックを紹介する。日々、厳しい交渉の場に生きるビジネスパーソン必携の書。

内容説明

人はどんなふうに嘘をつくのか?そして、どんなふうに真実を明かしてしまうのか?元CIA捜査官が多くの経験知と実例をもとに教える究極の嘘の見破り方。

目次

人を嘘つきと呼ぶことの難しさ
嘘発見を妨げるもの
嘘を見抜くためのメソッド―すべてはこれに尽きる
嘘を見抜くうえでのパラドックス―真実を見つけるために無視する真実
人はどのように嘘をつくのか―言葉
最強の嘘
嘘つきの怒り
人はどのように嘘をつくのか―行動
嘘のなかの真―意図せずに発せられた言葉
訊かなければ嘘は見抜けない
嘘をかわして主導権をにぎる
鵜呑みにしてはならないしぐさ
典型的な嘘の実例
テクニックはどう使うべきか

著者等紹介

ヒューストン,フィリップ[ヒューストン,フィリップ] [Houston,Philip]
欺瞞検知、重要な取調べ、および情報誘出の第一人者として全米で高い評価を受けている。中央情報局(CIA)に25年間勤務し、優れた業績を挙げた局員に送られる(キャリア・インテリジェンス・メダル)を受賞。その優秀さは、保安局上級職員としての功績にも表れている。上級職員在任中は、捜査官およびポリグラフ検査官として、CIAおよび他の連邦政府関連機関で数千件もの面接や尋問を手がけ、全米のインテリジェンス・コミュニティや法執行機関で現在活用されている嘘発研メソッドを開発したことでもよく知られている

フロイド,マイケル[フロイド,マイケル] [Floyd,Michael]
北米、ヨーロッパ、およびアジアにおいて、「フォーブス」誌の長者番付トップ一〇に名を連ねる複数の同族企業や大企業にトレーニングとコンサルティング業務を提供しており、犯罪行為、職員適格審査、国家機密が関わるケースにおける取り調べ、欺瞞検知、情報誘出の権威として広く知られている。フロイドは「アドヴァンスト・ポリグラフ・サーヴィス」社の創設者で、法務執行機関や法律事務所および民間企業から同社に寄せられた要請を受けて、10年間にわたり、注目を集めた事件当事者の取り調べや尋問を行ってきた

カルニセロ,スーザン[カルニセロ,スーザン] [Carnicero,Susan]
CIAの元覆面工作員。安全保障分野のエキスパートだったカルニセロは、20年間にわたって主に国家安全保障、採用、および犯罪に関する取り調べ、尋問、ポリグラフ検査に携わってきた。連邦政府内およびさまざまな民間企業で活用されている行動スクリーニングプログラムの開発者でもあり、面接、欺瞞検知および情報誘出の第一人者として広く認められている。連邦政府機関や法執行コミュニティーをはじめ、金融サービス企業や他の民間企業に対しても広範囲にトレーニングを施してきており、最近は、米国政府内における高級職員の適格審査や、「フォーブス」誌の長者番付トップ一〇に名を連ねる複数の同族企業のコンサルティングなどを手がけている

テナント,ドン[テナント,ドン] [Tennant,Don]
ビジネスとテクノロジー分野におけるベテランジャーナリストで、現在、キューヴェリティ社の共同経営者であるドン・テナントは、国際経済問題を手がけるリサーチアナリストとして国家安全保障局に勤務することからキャリアをスタートさせた。合衆国の上級政策立案者たちに重要な情報報告書を作成するという経験を積んだのち、ジャーナリズムへの道に進むことを決意し、「コンピューターワールド」誌の編集長として採用される。そののち「コンピューターワールド」誌および「インフォワールド」誌の論説委員に昇格した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

98
嘘は対面した時だけにあらず、昨今は電話なんぞは当たり前に、SNSやネットを使っての嘘が多く見られるようになってきた。本書では対面した相手がつく嘘を如何にして見破るかが書かれているのだが、読めば読むほど相手が嘘をついているという前提にたって物事を捉えてしまいそうになる。キレイごとだけでは生きられない世の中なのだが、せめて日常の生活の中でこういうテクニックを使う場面には遭遇したくないものだ。◆基本は相手に質問を投げかけ、その反応を見ることで相手の嘘を見破る手法2019/07/15

多分、器用です

2
意外や意外。明日から使える実用書!さっそく嘘が見抜けた笑2016/01/20

ぎるっちょ

1
相手の反応でわかると言うのは読んでてなるほどなんだけど、それをリアルタイムの対話で気付ける観察眼と集中力と頭の回転を鍛えねばならぬ的な。結構身に付けるにはハードル高いが実践しないと身に付かない感じ。単純な読み物としても面白かったです。2023/09/26

O. M.

1
取り調べやインテビューで嘘を見抜くには、相手のどこに着目すればよいかを解説した本。実例に基づくケーススタディが面白いですね。思ったのが、著者らのがこの分野を極めようとした目の付け所が良さ。こういうニッチな分野でもつきつめれば職業になるのですね。あと、これから読まれる方には、本書を読んでも「嘘をつくこと」は上手になりません、とのことですので。。。念のため。2016/05/08

のんべー

1
☆もう少し実用的な例をあげた実践方法などが書かれているかなと思っていたが、基本的にはCIAにいた頃の経験談をもとに書かれていたため、嘘を見抜く為の方法ばかりで交渉に使うには少し難しいかなと思った。2016/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9234109
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。