飯田線のEF58―三遠南信を駆け抜けた、在りし日の「ゴハチ」への追憶

個数:

飯田線のEF58―三遠南信を駆け抜けた、在りし日の「ゴハチ」への追憶

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月27日 11時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422241036
  • NDC分類 546.4
  • Cコード C0065

出版社内容情報

全長195.7km、豊橋から辰野に続く日本を代表する秘境ローカル、飯田線。天竜川に沿って峻険な山間部を縫うように進む路線は、国鉄時代から現在まで多くの鉄道ファンを惹きつけてやまない。そして多くの人が知るように、この興趣に富んだ路線をゴハチことEF58が駆け抜けた時代があった――本書では、著者蔵出しの写真360点を収録。愛すべきゴハチと飯田線のこの上ない組み合わせを心ゆくまで堪能していただきたい。

内容説明

東三河・奥遠江・南信濃をむすび、全長195.7kmに92駅を擁する飯田線は、古くから多くの鉄道ファンを惹きつけてやまない。そしてよく知られているように、天竜川に沿って峻険な山間部を縫うように進む、この興趣に富んだ路線を、ゴハチことEF58が駆け抜けた時代があった―本書では、飯田線全線を対象として著者蔵出しの写真300点以上を収録し、往年の雄姿の追憶を試みた。愛すべきゴハチと飯田線のこの上ない組み合わせを心ゆくまで堪能していただければ幸いである。

目次

緒言 飯田線の歴史とEF58とのかかわり
本編 飯田線のEF58記録写真
付録

著者等紹介

所澤秀樹[ショザワヒデキ]
交通史・文化研究家。旅行作家。1960年東京都生まれ。日本工業大学卒業。著書に『鉄道会社はややこしい「相互直通運転」の知られざるからくりに迫る!』(第38回交通図書賞受賞、光文社知恵の森文庫)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。