「知の再発見」双書<br> 殺人の歴史

個数:

「知の再発見」双書
殺人の歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月19日 08時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 142p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422212142
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0322

出版社内容情報

近現代の数々の殺人事件を紹介。人間にひそむ「悪意」の真実を、加害者と被害者、周囲の反応などからあぶりだす、刺激的な一冊。

紀元前から多くの知識人が指摘してきた人間の内奥に潜む「悪意」について言及し、なかでも殺人事件における加害者と被害者、周囲の反応などに絞って詳説する。近現代に起こった数々の殺人事件を紹介しながら、殺人にまつわる法廷での争い、印刷技術の発達に伴う情報伝達手段の推移と新聞の三面記事の起こり、犯罪学という学問の始まり、文学や映画と殺人の関係性などについても幅広く論じた好著。

第1章 殺人の記憶
第2章 法廷という舞台
第3章 新聞の1面を飾る殺人
第4章 殺人と文学
第5章 殺人と映画
資料篇――殺人をめぐる考察――

目次

第1章 殺人の記憶
第2章 法廷という舞台
第3章 新聞の1面を飾る殺人
第4章 殺人と文学
第5章 殺人と映画
資料篇―殺人をめぐる考察(哀歌からオペラまで―歌になった殺人;殺人は芸術か?;探偵を演じる小説家;新聞が報じる殺人―「ル・プチ・ジュルナル」紙;三面記事の特殊性;『私、ピエール・リヴィエールは…』;善悪を超えた殺人者は存在するか?;ツルゲーネフが見たトロップマンの処刑)

著者等紹介

ウダン,ベルナール[ウダン,ベルナール][Oudin,Bernard]
1934年生まれ。ジャーナリスト、エッセイスト、歴史家。三面記事の歴史に関心をもつ

河合幹雄[カワイミキオ]
1960年、天理生まれ。京都大学理学部生物系卒、京都大学文学部聴講生として社会学を学んだ後、京都大学大学院法学研究科で法社会学専攻、博士後期課程認定修了。パリ第二大学留学。京都大学法学部助手をへて現職。桐蔭横浜大学法学部教授。法社会学専攻。日本法社会学会理事、日本犯罪社会学会常任理事、全国篤志面接委員連盟評議員、法務省矯正局における「矯正に関する政策研究会」委員、警察大学校嘱託教員、EMA(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)基準策定委員会委員、元横浜刑務所視察委員長

遠藤ゆかり[エンドウユカリ]
上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ビブリッサ

24
カインとアベルの時代から「人を殺める」ことについて、法秩序はどう裁いたか、報道は何をどう報道してきたか、舞台や映画・文学・絵画での表現の変遷等にも触れている。或るときはスキャンダラスに、また英雄譚ともなってきた。著者は客観的な事実を羅列しているように見えて、読み進めるうちに「善悪を超えた殺人は無い」との見解に導こうとしているのが分かる。「殺してスッキリ」とはならないようで、遺体の処理、良心の呵責、罪の露呈の恐怖、「もっと殺したい欲望」という飢餓。殺してない人でさえ、その行為の伝聞は精神を蝕む。2016/06/14

アリス

11
「たとえどんな名作の悲劇を観るために劇場を訪れた人々でも、幕が上がる瞬間、有名な殺人犯の処刑が近くで行われるというニュースを聞いたら、全員が席を立っておもてに飛び出すだろう。」18世紀の哲学者の言葉にもあるように、殺人は衆目の目を集める。本書は16世紀から現代に至るまでの欧米の殺人事件を紹介した後、各事件が法廷でどのように扱われたかを取り上げる。また、殺人事件の報道のされ方や、文学及び映画に与えた影響についても焦点を当てている。→2014/03/06

更紗蝦

10
殺人事件がマスメディアや文学や映画にどのような影響を与えたかを解説することに重点を置いています。著者がフランス人なので、日本人による殺人の例は挙げられていないだろう…と思っていたら、佐川一政が取り上げられていたので少し驚きました。(恐らく、パリで事件を起こしたため。) 図版は、絵画やイラストだけでなく写真も多いため、ショッキングなものが苦手な人は注意が必要です。2014/08/11

るね

2
モノクロ死体写真つきなのでいろいろ注意が必要です2013/09/02

Laiguin

2
何か殺人の歴史というよりも後半は殺人を取り上げるメディアの話みたいで少し想像とは違ったが図や資料が多く、為になった。2013/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4639263
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。