開封・戦後日本の印刷広告―『プレスアルト』同梱広告傑作選(1949‐1977)

個数:

開封・戦後日本の印刷広告―『プレスアルト』同梱広告傑作選(1949‐1977)

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2020年07月09日 16時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 240p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784422210193
  • NDC分類 674.7
  • Cコード C3021

内容説明

幻の広告研究誌『プレスアルト』から「読む」、戦後の大衆社会。グラフィックデザインや印刷史にも新たな光を当てる画期的な共同研究!同梱された総数6,000点以上の「実物」宣伝物から340点余を厳選収録。

目次

第1部 『プレスアルト』とは何か(「プレスアルト」というタイムカプセル;脇清吉論―脇清吉と商業デザインのネットワーク;印刷雑誌としての『プレスアルト』―『プレスアルト』から見える印刷事情)
第2部 『プレスアルト』から見る戦後の大衆社会(『プレスアルト』推奨の観光ガイドブックを開く;医薬品―病気と健康のあいだに;食をめぐる洋風・栄養・広告;百貨店という文化装置の戦後―広告から見えるもの;「家電王国」大阪;「白物家電」広告とハッピーホームの「主婦」たち;化粧品広告デザインの多様性―美人ポスター・ハウスオーガン・包装パッケージ;大阪労音の時代;華やかな繊維時代と広告表現)

著者等紹介

竹内幸絵[タケウチユキエ]
大阪府生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科修了。博士(学術)。専攻は広告史、デザイン史、歴史社会学。サントリーミュージアム“天保山”学芸員を経て、同志社大学社会学部メディア学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ポスター・パッケージ等の「実物」の広告・宣伝印刷物を綴じ込み、批評冊子とともに頒布されていた幻の会員制広告研究誌『プレスアルト』。この他に類を見ないユニークな広告雑誌を、バラエティ豊かな9つのテーマに沿って解剖し、関西を中心とした戦後の広告文化史とグラビア印刷史に新たな光を当てる! 本誌に掲載された6000点を超える実物の宣伝物のなかから、340点余を厳選して収録。12の論文と詳細な解説を付した。