織田信長と安土城

  • ポイントキャンペーン

織田信長と安土城

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 291p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784422201047
  • NDC分類 210.48

内容説明

安土は、北陸・東海・近畿の三文化圏の接点、京都まで半日、前面の琵琶湖は「無限の道」である。信長の首都構想を実地検証した初の本格的安土研究。

目次

第1章 天下布武への道
第2章 安土という土地がら
第3章 安土城の復元的考察
第4章 本能寺の変と安土廃城
第5章 安土城内の邸宅と大手道―「貞享古図」と現状を比較する
第6章 信長、みずからを神とする―〓@4FFA見寺をめぐって
第7章 安土城下町と街道
付章 発掘成果から見た安土の町屋

出版社内容情報

【解説】
信長の拠点安土。天主の実像,安土山の家臣団の配置,建造物を移築した実態,自らを神として崇めさせるための摠見寺建立等,考古学・文献・地名学の最新成果に基づいて考察。