セラピストの主体性とコミットメント―心理臨床の基底部で動くもの

個数:

セラピストの主体性とコミットメント―心理臨床の基底部で動くもの

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年01月26日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422117560
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

目次

主体性とコミットメント
第1部 スタンダードな枠組みの中で(イメージに共に晒される;プレイセラピーの中のセラピスト―「私」の成立過程を共に体験する;怒りとこころの変容―砂、母なるものとの関係;転回点としての自閉症パニック―「実感に根ざす言葉」への17年)
第2部 スタンダードな枠組みを超えて(乳児院における心理臨床―「共に夢を見る」;学生相談室の可能性―大学の中の隠れた宝;ターミナルケアにおける心理臨床―深層心理学的な理解がもたらす意義;裁判員裁判とふたりの心理士―伴走者、当事者それぞれの視点)
セラピストの当事者性―プロセスへのコミットメント

出版社内容情報

心理面接においてクライエントが抱える課題への作業が進展するには、セラピストが自分を懸けてクライエントと真摯に向き合い、柔軟な判断力や感性、自由な精神を最大限に生かすことが重要となる。本書では、そうした生きた存在としてのセラピストのあり方を切り口に、多様な事例に即して、心理臨床の基底部で動く真に治療的な現象の本質を探る。独自のコンセプトに基づいた活動で創設50周年を迎えた山王教育研究所からの発信。