アカデミア叢書<br> 物語の語るこころ―存在の揺らぎをめぐるユング心理学

個数:

アカデミア叢書
物語の語るこころ―存在の揺らぎをめぐるユング心理学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年11月21日 22時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422116440
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3311

内容説明

つげ義春、村上春樹、中上健次―物語に耳を傾けて、「存在」にこころを響かせて、視えてくる。“生と死”“性と聖”これらの交わりこそが心理療法には不可欠である。世界の神話/社会の力動/人の個性化は「揺らぎ」とともに…。一人ひとりがそれぞれに“生きにくさ”を抱えて苦悶する物語。

目次

序章 無意識の語りへと導かれて
第1章 引き裂かれた女性イメージ―つげ義春の世界
第2章 切り離されたこころとつながりの回復―『海辺のカフカ』に視る近親相姦と解離
第3章 暗闇を引きずった英雄―中上健次『枯れ木灘』における生・性・暴力と聖

著者紹介

横山博[ヨコヤマヒロシ]
1945年、石川県生まれ。1964年、県立小松高校を卒業、京都大学医学部入学、1970年卒後すぐに大阪七山病院に就職、病院開放化に取り組む。河合隼雄氏の勧めにより1984‐1985年、スイス・チューリッヒ・ユング研究所に留学する。帰国後、隈病院・上野芝病院・竹中工務店に勤務しつつ、分析にも取り組み、河合隼雄氏のスーパーヴィジョンcontrol analysisを受ける。1988‐1989年、研究所へ再留学、ディプロマ論文が認められ、ユング派分析家の資格を取得。1995‐2011年、甲南大学文学部人間科学科教授、現在名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

精神科医・ユング派分析家の著者が、つげ義春・村上春樹・中上健次の紡ぐ物語を道標に、人生の意味を根源から考える。