アドラー心理学でクラスはよみがえる―叱る・ほめるに代わるスキルが身につく

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

アドラー心理学でクラスはよみがえる―叱る・ほめるに代わるスキルが身につく

  • 提携先に37冊在庫がございます(2017年11月22日 01時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422116419
  • NDC分類 374.1
  • Cコード C1011

内容説明

日本で一番わかりやすくて役に立つ、教師向けのアドラー心理学教本!アドラー心理学の第一人者がクラス運営のオリジナルメソッドを伝授!気がつけば子どもたちは協力しあい、あなたの仕事は半減します。待望の『クラスはよみがえる』のコンサイス版。イラストや図表が満載!3STEPでアドラー流の教育スキルが身につく。

目次

1章 講義1 アドラー心理学って?
2章 講義2 健康なクラスを作る
3章 実践1 子どもたちが協力を学ぶヒント
4章 実践2 子どもたちを勇気づけるヒント
5章 運営1 クラスに民主的な秩序を作る
6章 運営2 相互に援助しあう環境を作る

著者紹介

野田俊作[ノダシュンサク]
精神科医。1948年生まれ。大阪大学医学部卒業。シカゴ・アルフレッド・アドラー研究所留学。帰国後、アドラー心理学を日本に広める活動をしている。日本アドラー心理学会認定指導者、日本精神神経学会認定精神科専門医

萩昌子[ハギマサコ]
アドラー心理学心理療法士、臨床発達心理士。1951年生まれ。大阪市立大学生活科学部卒業。堺市教育委員会で心理職として、長年、小・中学生の教育相談に携わる。2017年3月に堺市教育センターを退職予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ロングセラー『クラスはよみがえる』のコンサイス版。子どもたちが協力しあうクラス運営のオリジナルメソッドを伝授する。ロングセラー『クラスはよみがえる』のコンサイス版。
アドラー心理学の第一人者の著者が、子どもたちが協力しあうクラス運営のオリジナルメソッドを伝授します。
クラスがまとまらず子どもたちを怒ってばかりなのは、単に教師のスキルが足りないだけです。本書は、?講義、?実践、?運営の3STEPで、アドラー流の教育スキルが身につくしかけになっています。アドラー心理学の基本から、子どもたちを勇気づける言葉がけ、クラス議会のやり方まで完全マスターできます。難しいものが多いと言われるアドラー心理学本の中で、イラストや図表が満載でわかりやすくて役に立つクラス担任必携の一冊です。

はじめに

1章 講義1 アドラー心理学って?
 勇気づけのアドラー心理学
 アドラー心理学は学校教育にどういい?
 あなたはどんな教師ですか?
 教師が持ちやすい5つの癖
 column 幸福の3つの条件

2章 講義2 健康なクラスを作る
 学校は何をするところ?
 学校教育が子どもに供給するサービス
 クラスはどのようにして病気にかかる?
 クラスの病気はこうして悪化する
 競争原理から協力原理のクラス作り
 column よい人間関係の4つの条件

3章 実践1 子どもたちが協力を学ぶヒント
 なぜ協力原理がいいのでしょう?
  まずは子どもを尊敬する
  どこまでも子どもを信頼する
  子どもを決して批判しない
  自分を好きでいられるように援助する
  命令語をやめて、お願いする
 子どもはあなたをモデルにして行動する
 column 子どもへのアプローチ 7つの?べからず″

4章 実践2 子どもたちを勇気づけるヒント
 子どもたちに勇気を与えてください
  ほめることは勇気づけにならない
  子どもたちの協力に感謝する
  子どもたちの積極的な姿勢を喜ぶ
  失敗した時も勇気づける
  意欲のない子を勇気づける 
  感情的にならない、同情しない
 絶対に子どもを罰しない
 column クラス集団へのアプローチ 5つの?べからず″

5章 運営1 クラスに民主的な秩序を作る
 互いに協力しあう場を作る
  クラスに民主主義を確立する
  「クラス議会」をする
  民主的なルールを作る
  ルールに違反した子どもの対処
 効果的なディスカッションの体験学習

6章 運営2 相互に援助しあう環境を作る
 問題を抱えた子の援助をクラスの共同課題に
  カウンセリング技法を身につける
  子どもが展開している作戦の種類を診断する
  定期的に相談の時間を作る
  誰の責任で解決すべき課題であるかを考える
 ケース別 不適切な行動の対処例

おわりに

野田 俊作[ノダ シュンサク]
野田俊作(のだ・しゅんさく)
精神科医 1948年生まれ。大阪大学医学部卒業。シカゴ・アルフレッド・アドラー研究所留学。帰国後、精神科医として活躍するとともに、アドラー心理学を日本に広めるためアドラーギルドを開業。日本で初めてアドラー心理学を学び、広めた第一人者である。現在は、アドラー心理学の指導者を育てる活動に力を注いでいる。共著に『クラスはよみがえる――学校教育に生かすアドラー心理学』(創元社)、近著に『アドラー心理学を語る1?4』(創元社)がある。

萩 昌子[ハギ マサコ]
萩昌子(はぎ・まさこ)
心理臨床家 1951年生まれ。大阪市立大学生活科学部卒業。堺市教育センターに勤務。共著に『クラスはよみがえる――学校教育に生かすアドラー心理学』(創元社)がある。