ユング心理学研究<br> ユング派の精神療法

個数:

ユング心理学研究
ユング派の精神療法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 22時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422114965
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3311

目次

講演録―私のユング派の精神療法(「私」の考える「ユング派」の本質―「私」にとっての「ユング派」とは?;「私」の考える「精神療法」の本質―「私」にとっての「精神療法」とは?)
シンポジウム(基調講演(要旨)「身殻と身柄」
討論―基調講演を受けて)
論文(手談、爛柯、箱庭療法―思春期型不登校と遊ぶ;心理療法の終結とは―クライエントにもたらされる意識の地平;高機能自閉症を疑われる中学生男子とのプレイセラピー過程―「素顔の模索」;夏目漱石の『夢十夜』に映し出された明治の「集合的心」の考察;性被害を契機にした身体と女性性における解離の解消過程―“見る”ことと“見られる”ことという視点から)
文献案内

出版社内容情報

「ユング派の精神療法とは何か」を論じた武野俊弥氏の講演録、哲学者の鷲田清一氏を招いて行われたシンポジウムの記録を掲載。

精神科医にしてユング派分析家の武野俊弥氏が「ユング派の精神療法とは何か」という本質的な問いをめぐって自説を展開した講演録を巻頭に収録。とくに、近年進歩が著しい脳科学が精神療法全般に及ぼす影響を論じたくだりは、心理学の今後を考えていくうえで示唆に富む。哲学者の鷲田清一氏を招いて行われたシンポジウムの記録では、「身体」に関する鷲田氏の問題提起を受け、心の病理やその臨床など多様な観点から議論が展開される。

目 次

はじめに

講演録
●私のユング派の精神療法  武野俊弥
 「私」の考える「ユング派」の本質――「私」にとっての「ユング派」とは?
  真のユング派とは何か/資格を持ったユング派とは何か/資格の功罪/二つの「-ian」/ユング派のattitude
 「私」の考える「精神療法」の本質――「私」にとっての「精神療法」とは?
  理論と直観/人間学的立場とは何か/脳科学が明らかにする無意識/意識と意味/独自の教会を建てる

シンポジウム
●基調講演(要旨)「身殻と身柄」  鷲田清一
 身体と所有権をめぐって
  所有権の両義性/わたし「の」身体
 所有不可能なものとしての身体
  「自己所有」の再検証/所有関係の反転/存在と所有の境界へ
●討論――基調講演を受けて  指定討論者 伊藤良子・俊雄
 見える身体と見えない身体
  見える身体と自閉症の心理療法/ある4歳児の事例/見えない身体と神経症
 「見ること」の意味
  顔貌を見る/横にいる関係と対面的関係/プロパティとポゼッション/贈与としての心理療法/共同注視
 所有の病理を超えて
  妄想を解除する/最後に残されたリアルな感覚/身体の行方

論 文
研究論文
●手談、爛柯、箱庭療法――思春期型不登校と遊ぶ  篠原道夫
●心理療法の終結とは――クライエントにもたらされる意識の地平  北川 明
●高機能自閉症を疑われる中学生男子とのプレイセラピー過程――「素顔の模索」  渡辺あさよ
●夏目漱石の『夢十夜』に映し出された明治の「集合的心」の考察  吉川眞理
●性被害を契機にした身体と女性性における解離の解消過程――“見る”ことと“見られる”ことという視点から  坂田真穂

文献案内
●海外文献  佐藤由里子

『ユング心理学研究』投稿規定(2012年9月改定)