対人関係療法でなおす社交不安障害―自分の中の「社会恐怖」とどう向き合うか

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

対人関係療法でなおす社交不安障害―自分の中の「社会恐怖」とどう向き合うか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月30日 08時48分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422114620
  • NDC分類 493.74

目次

第1部 社交不安障害という病気を知る(社交不安障害とは;社交不安障害の症状の特徴;社交不安障害と対人関係のかかわり;社交不安障害に対する治療法;自分には治療が効かないと思っている人へ)
第2部 社交不安障害に対する対人関係療法(社交不安障害を「病気」として認識する;治療で目指していくこと;対人関係療法で焦点を当てていくこと;「役割不安」を乗り越えるために;社交不安に対処する上で役に立つ考え方 ほか)

著者紹介

水島広子[ミズシマヒロコ]
慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改革などに取り組む。1997年に共訳『うつ病の対人関係療法』を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに普及啓発に努めている。現在は対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

あがり症、対人恐怖、赤面症、極度の引っ込み思案・・・など、人付き合いの面で強い恐怖心や不安を抱き、それが当人の社会生活に支障を及ぼしている状態のことを「社交不安障害」と呼びます。本書では、まずこの障害の理解や治療法をやさしく解説し、そして対人関係療法の視点から、この障害をどう向き合い、人間的に成長していくかの指針を示します。