女性の不安とうつ

個数:

女性の不安とうつ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月30日 15時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422114156
  • NDC分類 493.7

内容説明

女性のうつ病患者は男性の2倍。仕事と家庭の板ばさみ、月経・妊娠・出産・閉経によるホルモンバランスの乱れ。身体の内外からストレスにさらされる女性には、専用の対策と処方箋が必要です。

目次

第1章 女性のからだと不安・うつ
第2章 女性の不安障害
第3章 女性のうつ病(女性のうつ病とは;月経前症候群(PMS)
月経前不快気分障害(PMDD) ほか)
第4章 抗うつ薬以外の治療法(精神療法;その他の治療法;食事療法 ほか)
第5章 患者と家族にできること

著者紹介

渡邉昌祐[ワタナベショウスケ]
1931年岡山市に生まれる。岡山大学医学部卒。1962‐65年米国イリノイ大学神経精神医学研究所留学。1970年岡山大学神経精神科講師。1973年川崎医科大学助教授。1975年川崎医科大学教授。1997年川崎医科大学名誉教授。1997‐2002年川崎医療福祉大学臨床心理学科教授。2002年医療法人至誠会帆秋病院顧問。財団法人河田病院理事・心療内科。所属学会:日本精神神経学会、日本心身医学会、日本臨床精神神経薬理学会、米国精神医学会

阿南多津[アナンタズ]
1967年大分県に生まれる。愛知医科大学医学部卒。1996年九州大学医学部精神神経科入局、附属病院。1997年国立別府病院。1998年九州大学医学部附属病院。1999年若久病院。2001年帆秋病院勤務。所属学会:九州精神神経学会、日本森田療法学会、日本老年精神医学会。資格:精神保健指定医、日本老年精神医学会専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

女性のうつ病罹患率は男性の2倍。女性特有の身体病理(女性の内分泌系)、不安(不安性障害)とうつ病の特徴等をやさしく解説。