治療精神医学の実践―こころのホームとアウェイ

個数:

治療精神医学の実践―こころのホームとアウェイ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月24日 03時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 321p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422114064
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C3011

内容説明

本書は「治療精神医学」の提唱者として知られる著者の論文・講演録を精選、その考え方や実践のエッセンスを余すところなく示す。こころの成熟と超越とは何か、こころを病むとはどういうことか…。精神病の理解や治療に画期的な視点をもたらした「原体験モデル」「圧倒体験モデル」を中心に、長年にわたる臨床の営みが直截簡明に語られる本書は、まさに多くの臨床家が待ち望んだ畢生の書である。

目次

第1部 治療精神医学―つねに治療実践を、治療実践から考え、治療実践によって検証する(こころのホームとアウェイ;原(初的)体験とこころの成熟の過程
こころをもった人が病むということ―圧倒体験モデル
事例Cの母親と事例C)
第2部 さまざまの臨床事態(本当の自分に出会うカウンセリング;こころの臨床―カウンセリングの要諦;こころの超越性への途;境界性人格障害者の特徴と治療;ターミナルケアとインフォームドコンセント;精神医療におけるインフォームドコンセント;臨死患者に接する医療者のこころの理解;主体性が後退した場合に生じる諸法則)
第3部 自分との出会いと人生周期
第4部 治療精神医学の周辺小史

著者等紹介

辻悟[ツジサトル]
1926年大阪生まれ。1948年大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部助教授(精神医学教室)、同附属分院神経科医長、榎坂病院付属治療精神医学研究所所長等を経て、現在、平井クリニック勤務。日本精神分析学会名誉会員、日本思春期青年期精神医学会名誉会員、医学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。