アストリット・Kの存在―ビートルズが愛した女

  • ポイントキャンペーン

アストリット・Kの存在―ビートルズが愛した女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 399p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784418955206
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

「エルヴィスより、有名になるんだ」かつてビートルズは夢を抱く、貧しいロックンローラーであった。著者は、彼らと青春を共にしたアストリット・キルヒヘアへの150時間に及ぶインタビューを敢行。ビートルズとアストリット、それぞれの人生を変えた運命の出会いと60年代に炸裂した若いエネルギーのすべてを本書に甦らせた。劇的な60年代―「ビッグになる」予感に震えていた名もなきビートルズと彼らを魅了した写真家アストリット。彼女の感性はビートルズを揺さぶり、彼らを変えた。やがてビートルズは世界を席巻し、皮肉にもアストリットを翻弄してしまうのだった。―知られざるビートルズと、アストリット・Kの破瀾の人生を描くノンフィクション。

目次

第1章 出会いの衝撃
第2章 創造性の開花
第3章 婚約、そして成功への胎動
第4章 突然の死
第5章 再起と失望
第6章 献身の行方
第7章 存在証明

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃんondrums

15
デビュー前のビートルズに大きな影響を与え、メンバーであったスチュアート・サトクリフと愛し合ったアストリット・キルヒヘアへのインタビューをもとに書かれた作品。平易な文章で、目の前に人物や情景が浮かび上がる。美しく、才能にあふれ、能力を発揮できる人間は、同類の人間を見出し、仲間になることができるのだろう。彼女の人生が輝いていたのは、やはりビートルズとの交流があったころのように読み取れる。しかし、彼らと関わったがために過酷な人生になったことも事実なようだ。女性としての生き方・幸福論としても面白かった。2016/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。