刑事政策概論 (全訂第6版)

個数:

刑事政策概論 (全訂第6版)

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月23日 00時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 501p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417014553
  • NDC分類 326.3
  • Cコード C3032

内容説明

監獄法に代わる100年ぶりの抜本的改正法(「刑事収容施設法」)等の制定・施行にあわせ、犯罪者処遇を中心に全分野にわたり大幅改訂。その他、平成19年までの法令改廃や諸施策の動向と関係データを完全に織り込み、最新の刑事政策学を提供する決定版。

目次

第1章 刑事政策の基礎(刑事政策の定義;刑事政策と隣接科学;刑事政策と暗数の問題;刑事政策の国際性と新しい動向)
第2章 犯罪原因論(犯罪原因としての素質と環境;精神医学的・生物学的原因論;心理学的原因論;社会学的原因論)
第3章 刑事制裁一般に関する諸問題(刑罰制度の概観;死刑;短期自由刑;不定期刑;罰金刑;猶予制度;保安処分;保護処分)
第4章 犯罪者処遇の諸問題(犯罪者処遇の基本理念;施設内処遇制度;刑務作業;受刑者の法的地位;中間処遇制度;社会内処遇制度;保護観察;更正保護)
第5章 各種犯罪とその対策(少年非行;来日外国人犯罪;女性犯罪;交通犯罪;弥ク物犯罪;精神障害者の犯罪;暴力団犯罪;常習犯罪;犯罪被害給付制度)

著者紹介

藤本哲也[フジモトテツヤ]
1940年12月18日愛媛県に生まれる。1963年3月中央大学法学部卒業。1969年3月中央大学大学院法学研究科博士課程修了。1969年9月フロリダ州立大学留学。1970年8月フロリダ州立大学より犯罪学修士号取得。1975年12月カリフォルニア大学より犯罪学博士号取得。現在、中央大学法学部教授、日本刑事政策研究会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)