• ポイントキャンペーン

証券取引法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 999,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417013983
  • NDC分類 338.15
  • Cコード C3032

内容説明

証券取引に関連する新たな手法が次々と考案され、その法的諸問題が実務及び学界で盛んに論じられるなか、法律、政令、内閣府令、金融庁のガイドライン・監督指針及び証券取引所や日本証券業協会の自主規制などからなる技術的で複雑な証券取引規制の内容を、適切に理解するための最新体系書。

目次

第1章 総論(証券取引法の意義と規制方法;証券取引法の発展 ほか)
第2章 情報開示の規制(情報開示の意義;有価証券の発行開示 ほか)
第3章 証券会社等の規制(証券会社の開業規制;証券会社の経営の健全性と顧客財産の保護 ほか)
第4章 証券取引所と証券業協会の規制(証券取引所の規制;証券業協会の規制)
第5章 不公正な証券取引の規制(詐欺的行為;内部者取引 ほか)

著者紹介

神崎克郎[カンザキカツロウ]
関西学院大学法科大学院教授。1961年神戸大学法学部卒業。1974年神戸大学法学部助手、助教授を経て教授。1999年姫路独協大学法学部教授。2003年関西学院大学法学部教授。2004年関西学院大学法科大学院教授。法学博士(神戸大学)。神戸大学名誉教授

志谷匡史[シタニマサシ]
神戸大学大学院法学研究科教授。1982年神戸大学法学部卒業。1998年神戸商科大学商経学部助手、専任講師、助教授を経て教授。2001年姫路独協大学法学部教授。2004年神戸大学大学院法学研究科教授。博士(法学)(神戸大学)

川口恭弘[カワグチヤスヒロ]
同志社大学法学部・法科大学院教授。1983年神戸大学法学部卒業。1990年愛媛大学法文学部助手、専任講師を経て助教授。1999年神戸学院大学法学部助教授を経て教授。2000年同志社大学法学部教授。2004年同志社大学法科大学院教授(法学部教授兼任)。法学博士(神戸大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)