民事要件事実講座〈1〉総論1―要件事実の基礎理論

個数:

民事要件事実講座〈1〉総論1―要件事実の基礎理論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 382p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417013822
  • NDC分類 327.2
  • Cコード C3332

内容説明

要件事実論に新たな世界を拓く!要件事実論の活用とその有用性を広い視野より捉え、法学教育・予防法学から各種の多様な民事事件における裁判手続上の問題に至るまで、広範な場面で生起する事柄を理論と実務の各搬の視点から徹底的に考察する。

目次

1 要件事実論の現状と課題
2 要件事実の機能―裁判官の視点から
3 当事者からみた要件事実―当事者代理人に必要な要件事実の基礎知識
4 主張責任と立証責任
5 規範的要件・評価的要件
6 攻撃防御方法としての要件事実―契約の履行請求権を例として
7 公証業務と要件事実
8 司法書士と要件事実―司法書士業務における要件事実論の有用性
9 弁理士業務と要件事実
10 法学・法曹教育における要件事実論

著者紹介

伊藤滋夫[イトウシゲオ]
昭和29年名古屋大学法学部卒業、同年司法修習生。昭和31年東京地・家裁判事補。同36年米国ハーバード・ロー・スクールマスター・コース卒業(LL.M.)。同41年東京地方裁判所判事。以後、東京高等裁判所部総括判事などを歴任。平成7年退官。その間、司法研修所教官、司法試験考査委員なども務める。創価大学法科大学院教授、法科大学院要件事実教育研究所長、弁護士、博士(法学)

難波孝一[ナンバコウイチ]
東京地方裁判所判事