刑事裁判実務大系 〈9〉 身体的刑法犯 石川弘

個数:

刑事裁判実務大系 〈9〉 身体的刑法犯 石川弘

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年05月27日 23時33分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 700,/高さ 23X17cm
  • 商品コード 9784417010821
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3332

内容説明

本書は、身体的刑法犯罪をめぐる具体的事例を問題の出発点として、当該事例に適用すべき刑法各論中の構成要件の解釈等を多角的に検討する。さらにその背後にある正当防衛、共犯の成否や既遂犯・未遂犯の区別、因果関係の存否など刑法総論での一般理論を実務運用の視点を加えて論述し、理論と実務両面から妥当な処理方針を提供する。

目次

1 殺人罪
2 傷害致死罪・傷害罪・暴行罪
3 兇器準備集合罪
4 遺棄罪
5 業務上過失致死傷罪
6 逮捕・監禁罪
7 脅迫罪・住居侵入罪
8 強姦罪・強制わいせつ罪
9 放火罪
10 騒擾罪
11 公務執行妨害罪
12 特別刑法犯