ラトビアの手編みミトン―色鮮やかな編み込み模様を楽しむ (増補改訂)

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

ラトビアの手編みミトン―色鮮やかな編み込み模様を楽しむ (増補改訂)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月18日 10時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 175p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784416719329
  • NDC分類 594.3
  • Cコード C2076

出版社内容情報

スカンジナビア半島の南、バルト海を臨む森と湖の国・ラトビア。
バルト三国のひとつであるこの国には、伝統工芸として受け継がれている愛らしい編み込み柄のミトンがあります。
極細の毛糸で編まれた模様は地方によって異なり、それらの模様が持つ意味も様々です。

本書ではラトビアのミトンの歴史や伝統柄、繊細な配色、技法を紹介し、自分の手でミトンを編む楽しみをお伝えします。
現地のニットショップやラトビアの手仕事にふれる民芸市、貴重な博物館の所蔵品も紹介。
伝統のミトンを伝承する人々の横顔や素朴で美しいラトビアの暮らしぶり、首都のリガ散策などの情報も満喫できる1冊です。
現地で入手したミトン26点のパターンを掲載しています。

※本書は、2013年10月に刊行した『ラトビアの手編みミトン』に日本人に人気が高く、使いやすい絵柄の新作6点を追加し、増補改訂したものです。
ラトビア民族研究家、マルタ・グラスマネ氏ほか、現地TLMS(ラトビア手工芸団体)に今年2019年4月新作を依頼した、最新の作品です。

内容説明

バルト海を臨む森と湖の国・ラトビア。バルト三国のひとつであるこの国には、伝統工芸として受け継がれている愛らしい編み込み模様のミトンがあります。本書は2013年にお届けした初版の内容に7点の新作ミトンを加え、ラトビアのミトンの奥深さをより一層味わっていただける内容に仕上げました。伝統に基づいたミトンから現代の装いにも似合う細やかなミトンまで、色とりどりのデザインが詰まった1冊。ラトビアの歴史、貴重な博物館所蔵品、首都・リガの散策情報なども楽しめます。

目次

1 ラトビアのミトンのはなし
2 ミトンを編む
3 森の中の民芸市
4 受け継がれる伝統ミトン
5 作り手を訪ねて
6 花を愛する国ラトビアの花柄ミトン
7 ミュージアムコレクション
8 リガ旧市街散策