カスタードのおやつ―クリームの作り方と洋・生・焼き菓子のとろけるバリエーション

個数:

カスタードのおやつ―クリームの作り方と洋・生・焼き菓子のとろけるバリエーション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784416716120
  • NDC分類 596.4
  • Cコード C2077

出版社内容情報

大判焼き、プリン、シュークリーム、オムレット、ドーナツ、スフレ、アイス… 意外と多い!カスタードのとろけるおやつレシピ集幅広い年齢層に親しまれる、とろり濃厚なカスタードクリーム。
シュークリームやエクレア、カスタードプリン、バニラアイス、ババロアなど、
カスタードをベースにしたお菓子はたくさん存在します。

また、たい焼きやどら焼き、大福、大判焼きなどの定番のおやつの中に入れたり、
クレームブリュレのようにすくって食べる主役級の存在にもなりえるなど、
他の食材にはない万能な役割を果たせるのがカスタードの魅力です。

この本では、そんなカスタードクリームを使ったお菓子の作り方を紹介します。

まずは基本となる「カスタードの作り方」で
レンジや鍋を使ったカスタードクリーム、カスタードソースの作り方を紹介します。
そして、そのカスタードを使ったお菓子のレシピを紹介。

焼くだけ、凍らせるだけ、重ねるだけの簡単なお菓子をはじめ、
普段のおやつで食べたいドーナツやマフィン、バナナオムレット、フリット、
シュークリーム、クレープ、タルトなどの定番の生菓子から
器に入れるだけのカップスイーツ、さっと作れるお手軽ドリンクまで。

ほとんどのレシピに工程写真がついているので、
カスタードをはじめて作る、という人にも安心して挑戦していただけます。
どのおやつも素朴でやさしい味わい。
いつものおやつの新たなバリエーションとして、
ぜひカスタードのおやつを加えてみてください。


森崎 繭香[モリサキ マユカ]
森崎 繭香:フードコーディネーター、お菓子・料理研究家。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、 イタリアンの厨房で経験を積み、独立。レシピ本の出版を中心に、雑誌や WEB へのレシピ提供、 テレビ・ラジオへの出演など幅広く活躍中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピに定評がある。『あんこのおやつ』(小社刊)、『ひっくり返すだけ!アップサイドダウンケーキ』『焼かないケーキ 』(共に日東書院本社)、『野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル』(河出書房新社)、『おかず蒸しパンと蒸しケーキのおやつ』(辰巳出版)、『野菜ペーストで簡単おかず』『豆腐クリームの絶品レシヒ?』『カップスタイルで簡単!スープの 本』『野菜ペーストで簡単おかず』(共に?出版社)など著書多数。http://mayucafe.com/

目次

カスタードの基本(カスタードクリームの作り方;カスタードソースの作り方 ほか)
定番のカスタードおやつ(大判焼き;カスタード春巻き ほか)
ちょっぴり贅沢なカスタードのおやつ(マフィン;バニラスフレ ほか)
カスタードのカップデザート(プリン;冷し固めるだけのメープルカスタードプリン ほか)
こぼれカスタードレシピ(クリームパン;いろいろ使えるカスタードペースト ほか)

著者等紹介

森崎繭香[モリサキマユカ]
フードコーディネーター、お菓子・料理研究家。料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。レシピ本の出版を中心に、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオへの出演など幅広く活躍中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った家庭でも作りやすいレシピに定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

37
ほんのり黄色い液体に火を入れる。ふつふつ、甘い香りが漂うと、ぽってり艶々のカスタードクリーム、とろりとカスタードソースが出来上がる。挟んだり詰めたり載せたり塗ったりだけでなく、これをベースと捉えると、使いみちがどんどん広がる。粉を混ぜ込んでビスコッティやチーズケーキの生地に、凍らせてバニラシャーベットに、氷と一緒にミキサーにかけてミルクセーキに。色々おいしそうだけど、やっぱりシュークリームとミルフィーユがいいなぁ。はみでる位たっぷりと~しかしこれは確実に肥える要因となることは間違いない。2017/06/20

salvador

10
カスタード大好き。見ているだけで、甘い香りが漂ってきそうで幸せ。アレンジで、ラムフィグ、紅茶、ラズベリーのカスタードはおいしそう。簡単だからやってみる。2017/03/05

ロバパン

0
図書館で借りた本です。2017/07/29

本日記

0
手作りカスタードクリームを使ったお菓子をどうぞ。2017/03/13

アキ

0
今年32冊目。 私は生クリームよりカスタード派だ。生クリームは、どうも苦手。そんな私が図書館に行くと、この本が目についた。さっそくカウンターへ。という始末だ。 いろいろなカスタードクリームを使ったお菓子。 いろいろな種類のカスタードクリーム。 まさしく、カスタードの本!だった。 おなかがすいているひとはぜひ読んでみてほしい。 ★★★★★2020/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11175847
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。