ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック―犬の行動シミュレーション・ガイド

個数:

ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック―犬の行動シミュレーション・ガイド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月07日 10時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 192p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784416711088
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C2045

出版社内容情報

犬と犬の出会いの行動シミュレーションや飼い主の行動と犬の反応のシミュレーションなどを性格別や行動別にわけて写真とともに解説。

プロのトレーナーはもちろんのこと、犬の飼い主にもわかりやすく、写真で解説したボディランゲージ事典です。
犬は体の些細な動きで言葉を話します。これをボディランゲージと呼んでいます。この犬の行動から気持ちを読み説くことができるようになれば、犬のトレーニングは格段とラクになるのです。耳の動き、目の動き、吻の角度などを、写真で細かく解説。犬同士の出会いの行動、攻撃的な犬の行動パターン、人と犬の出会いの行動などを知ることで、事前に危険を回避したり、より短時間で犬との心を通わす方法を学んでいきましょう。

犬の行動シミュレーション・ガイド (目次・予定)

はじめに 「著者ヴィベケからのメッセージ」
第1章 ボディランゲージを読むポイント
第2章 犬と犬の会話
第3章 性格別の行動シミュレーション
第4章 攻撃性の行動シミュレーション
第5章 トレーニング実践編
後書き 「ボディランゲージを読み説くレッスン」  など

【著者紹介】
ヴィベケ・リーセ1964年生まれ。デンマーク・オールボリ出身。北ジーランド動物行動クリニックを営む。創設当時(1996年)、デンマークでは初の、行動心理に即してコンサルティング、トレーニングを行う犬のクリニック。ドッグトレーナー教育、パピーテスト、問題犬のコンサルタント等を行う。サービスドッグ公認訓練士。カーレン・プライアー・アカデミーの公認クリッカー訓練士。高校卒業後、オールボリー動物公園にて4年間、主に大型肉食獣担当の飼育係を経て、動物行動学者ロジャー・アブランテス・動物行動学協会にて教育を受ける。結婚後、アメリカ、スウェーデンなどに頻繁に出向き、オオカミの行動について独学。アメリカの動物学者、オペラント条件に基づいた動物訓練者で世界的に有名なボブ・ベイリーの元で、学習心理の論理習得と実践について修行。犬とオオカミのほかに、大のお気に入りの動物はライオンとトラ。

内容説明

犬の話す言葉(ボディランゲージ)が、ひと目でわかるようになる。

目次

第1章 ボディランゲージを読むポイント
第2章 犬と犬の会話
第3章 性格別の行動シミュレーション
第4章 攻撃性の行動シミュレーション
第5章 トレーニング実践編
第6章 犬と人との暮らし
ボディランゲージ深読みレッスン

著者等紹介

リーセ,ヴィベケ・S.[リーセ,ヴィベケS.][Reese,Vibeke Sch.]
1964年生まれ。デンマーク・オールボー出身。北ジーランド動物行動クリニックを営む。創設当時(1996年)、デンマークでは初の、行動心理に即してコンサルティング、トレーニングを行う犬のクリニック。ドッグ・トレーナー教育、パピーテスト、問題犬のコンサルタント等を行う。サービスドッグ公認訓練士。カーレン・プライアー・アカデミーの公認クリッカー訓練士。高校卒業後、オールボー動物公園にて4年間、主に大型肉食獣担当の飼育係を経て、動物行動学者ロジャー・アブランテス氏および動物行動学協会にて教育を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃも

3
とにかく膨大な写真の量に圧倒される。1秒以下の速さで次から次に発せられる犬からのメッセージ…ボディランゲージを理解するにはよぉ~く犬を見ることに尽きるってことね。尻尾の状態、耳の向きはもちろん口角の開き具合、顔の角度、背中、眼の表情などなど…あぁ、もうゼィゼィしちゃう。ヴィベケさんのレッスンを直接受けられるスウェーデンの人たちが羨ましい。2013/07/18

Saaaaaaa

1
愛犬を危険から守るためにと思って借りた本。写真が豊富だけど、初めて会うまたはよく知らない犬に対して見極めるのは難しいと思う。でも知識として頭の片隅においておくことが素人でも大事だと思う。 サイズが大きいので図書館で借りるときはA4サイズの入るバッグが必要。2017/11/21

のちおちゃん

1
☆☆☆★2015/11/05

A-Nno

0
数年前に来日された際、ご本人によるレクチャーに参加したことがあります。一緒に暮らす大型犬のしつけの一般的なやり方が、自分の犬には合っていないのではないか。と疑問を持ち始めていたタイミングだったので、ヴィベケさんのやり方は目からウロコで、とても気持ちがラクになりました。本当にありがたい出会いだったと思います。最近また大型犬の子犬を迎えたので、ボディランゲージの教科書としてその都度役立てています。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3843014

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。