世界一周猫の旅―トラネコボンボンの365日 明日はニャンの国?猫といく冒険

個数:

世界一周猫の旅―トラネコボンボンの365日 明日はニャンの国?猫といく冒険

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月17日 00時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784416618868
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C2077

出版社内容情報

前作『猫ごよみ365日』に続き、「トラネコボンボン」の猫たちが世界の街や名所を365日旅して、絵と文で綴る日めくり絵本。“旅するレストラン”として活動する「トラネコボンボン」は、料理人にして、作画家としても大人気。
とくに絵本やグッズなどに登場する猫は、独特のピースフルな世界観で熱狂的なファンを集めています。
トラネコボンボンの猫たちのまなざしで、365日を描いた前作『猫ごよみ365日』は多くの猫ファンの愛情に支えられ、ヒットを遂げました。

第2弾となる本作は、
一年365日、空想キャットと世界のあちこちの国々を冒険してきました。

1月31日、アラスカの凍結湖で、アイスフィッシングに夢中になり、
2月22日、イギリスのオルニー村で、パンケーキ競争で猫ダッシュ。
3月2日、ザリガニシーズン到来!アメリカ・ニューオリンズでボウルパーティーを。
4月21日、ルーマニアのイースターには民族衣装でおしゃれして、
5月22日、フィリピンの世界遺産「コルディリェールの棚田群」で緑の眺めをご案内。
6月16日、アフリカ・セネガルのピンク色の湖では塩を買って帰ります。

365日の旅のお話には、ページ下に、訪れた国や土地、旅のテーマの補足情報が添えられています。

高い山を登り蒼い海に潜り、昔の舟やラクダに乗り、
おいしいものを食べ、世界遺産の建物でしれっと昼寝して。
暑い国寒い国の人や猫、時間を飛び越え、伝説のスターや稀少な動物と会ってきます。

私たちが生きているうちに旅ができるのは、ほんの一部でしかありません。
この本の空想キャットとの世界一周で、みなさんも楽しんでいただけると嬉しいです。

■目次抜粋
2/5:古都モスタルの橋(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
3/4:ハバナ旧市街(キューバ)
3/23:インダス川流域ラリーキルト(パキスタン)
4/6:ハワイ島のフラ(アメリカ)
7/23:アンデスのリャマ(ペルー)
9/1:スイス民族祭り(スイス)
11/19:台北 濱江市場(台湾)…など

********************************************************

【目次抜粋】
2/5:古都モスタルの橋(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、3/4:ハバナ旧市街(キューバ)、3/23:インダス川流域ラリーキルト(パキスタン)、4/6:ハワイ島のフラ(アメリカ)、7/23:アンデスのリャマ(ペルー)、9/1:スイス民族祭り(スイス)、11/19:台北 濱江市場(台湾)…など

中西 なちお[ナカニシ ナチオ]
著・文・その他

著者等紹介

中西なちお[ナカニシナチオ]
2007年より「トラネコボンボン」主宰。料理人であり、「旅するレストラン」と称して各地で料理を提供。作画家としても絵本、料理本など多数制作。役に立たない新聞「動物新聞」の編集長でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。