鉋 削りの技法―1/1000ミリを究める薄削りの極意を知る

個数:

鉋 削りの技法―1/1000ミリを究める薄削りの極意を知る

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2018年10月19日 16時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 176p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416617533
  • NDC分類 583.8
  • Cコード C2072

内容説明

透き通るような薄い削りと、鏡のような削り肌を追求した職人たちの技術の集大成を、この1冊に収録。

目次

鉋削りの魅力(上條勝)
始まりのはじまり
削ろう会初代会長・杉村幸次郎の記録 名工と銘品
職人のための削ろう会(杉村幸次郎)
鉋薄削りの現在(上條勝)
削りの実践
砥石について
第33回全国削ろう会蔵王大会
尺鉋の魅力について(山本文義)
鍛冶屋から見た削ろう会(船津祐司)〔ほか〕

出版社内容情報

鉋による薄削りで出る削り屑を「削り華」と呼ぶ。
透き通るような薄い削り屑を出すためには、4マイクロメートル、5マイクロメートルといった削り屑を出す必要がある。
鉋による薄削りを競技化し、その薄さと削った木材の仕上がりの美しさを競うことで、職人の鉋使いの技術を研鑽してきた削ろう会。
今年で20年を迎えたこの会の、技術の集大成ともいえる鉋の仕立てとして、研ぎ、削りのテクニックを紹介する。