最後の国鉄電車ガイドブック―今、振り返る国鉄時代ラストを飾る360形式

個数:

最後の国鉄電車ガイドブック―今、振り返る国鉄時代ラストを飾る360形式

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月17日 04時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416617311
  • NDC分類 546.5
  • Cコード C0065

出版社内容情報



広田 尚敬[ヒロタ ナオタカ]
写真

坂 正博[サカ マサヒロ]
著・文・その他

梅原 淳[ウメハラ ジュン]
著・文・その他

栗原 景[クリハラ カゲリ]
著・文・その他

内容説明

1963年(昭和38年)の『電車ガイドブック』以降多数刊行されてきた「鉄道ガイドブックシリーズ」。本書はその系譜を踏襲しつつ国鉄最晩年に活躍した電車をほぼ網羅しカラー写真で紹介するものである。特徴のある電車に関しては形式図もともに掲載した。JR化に向かう激動の時代をのりきった国鉄電車を当時の技術や、JR化後の動向を含めて解説する。

目次

新性能電車(直流電車;交直流電車;交流電車)
旧性能電車
新幹線電車(東海道・山陽新幹線用;東北・上越新幹線用;事業用)

著者等紹介

広田尚敬[ヒロタナオタカ]
1935年、東京都生まれ。1歳からの鉄道少年。プロ写真家は24歳から、以来好きな鉄道を撮影し、2017年現在、82歳を迎えてもバリバリの現役

坂正博[サカマサヒロ]
1949年、兵庫県生まれ。1978年『国鉄電車編成表』刊行とともにジェー・アール・アールに参画。2017年現在、交通新聞社刊行『JR電車編成表』『列車編成席番表』等の編集担当のほか、講談社『電車大集合1922点』等の鉄道書に従事

梅原淳[ウメハラジュン]
1965年、東京都生まれ。月刊「鉄道ファン」編集部などを経て2000年から鉄道ジャーナリストとして活動を開始する。講演やマスメディアへの出演も精力的に行っている

栗原景[クリハラカゲリ]
1971年、東京都生まれ。旅と鉄道、韓国をテーマとするフォトライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

村上春巻

2
【A】私にもっと鉄分があればさらに楽しめたのだと思う。そんな私にとっても旧国鉄時代のボンネット型の起動車やL特急の顔は懐かしかった。同じような客車にも様々なバリエーションがあるのも驚きであった。2017/09/28

インテリ金ちゃん

1
国鉄時代の車両は、重いが丈夫で改造され長く活躍できた。最近の車両は軽量・高性能だが、短命。まるで労働環境を見るようだ...2017/11/25

えすてい

1
101系から新幹線100系や961形高速試験車まで、さらには事業用車から各種試験車まで、新性能電車以降の国鉄電車の全形式を一冊に収載。「系」だけでなく、クハ・モハ・サハ・クモハなど各形式(※一部カット)をくまなく網羅。流石のボリュームである。オールフルカラー。2017/10/16

kaz

0
多くの車両の写真が並べられており、似たような特急車両でも微妙にスタイルが異なるということがよくわかる。鉄道ファンにはたまらないだろうというのは想像できるが、風景が無く、単に車両だけというのは、少し物足りない。 2017/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11998917
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。