猫ごよみ365日―今日はニャンの日?猫といっしょに季節のある暮らし

個数:

猫ごよみ365日―今日はニャンの日?猫といっしょに季節のある暮らし

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月25日 05時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784416617045
  • NDC分類 049
  • Cコード C2077

出版社内容情報

“旅するレストラン”として活動する「トラネコボンボン」は、料理人にして、作画家としても大人気。
とくに絵本やグッズなどに登場する猫は、独特のピースフルな世界観で熱狂的なファンを集めています。

本書はトラネコボンボンの猫たちのまなざしで、365日のこよみを愛情深く描いた1冊です。

1月6日「ケーキの日」にはキャロットケーキをつくり、
3月3日「桃の節句」にはおひなさんの上に登って怒られ、
10月17日「カラオケ文化の日」には1曲目に「雪国」を歌い、
12月31日「大晦日」にはナマハゲに扮して一年の厄をはらって……。
のほほん淡々とした猫味のにじむ絵と、散文詩のようなリズムの文に、
ページ下には、その日の行事や記念日、季節の言葉などの豆知識が添えられています。
(巻末には、付録として12か月のおやつ・のみもののレシピ付き!)

自分の心をほぐしたいとき、大切な人に元気を贈りたいとき、
「今日はニャンの日?」と本書をめくってみてください。

なんでもない毎日も特別な日であると知るほどに、
一年365日、日々の暮らしがうんと愛おしくなります。

内容説明

猫たちのまなざしで、365日のこよみを愛情深く描く。12か月のおやつレシピおまけ付き。

著者等紹介

中西なちお[ナカニシナチオ]
2007年より「トラネコボンボン」主宰。料理人であり、「旅するレストラン」と称して各地で料理を提供。また独特の世界観を持つ作画家として、書籍なども制作。「動物新聞」の編集長でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アクビちゃん@新潮部😻

45
とても癒やされます(=^・^=) 日めくりカレンダーの様に1日1頁めくると、ネコのイラストとその日がなんの日か書かれています。もうね、自由で平和な世界です♡ 厚みのある本なので、カレンダーの様に貼りたくても出来ないし、100均のスタンドに立てても見にくい(;_;) もう少し見やすいと良かったのにな~❣ 2018/04/18

ののまる

6
味のある猫の365日記念日。2020/02/18

むさみか

3
一日一日 今日は○○の日にちなんで 猫たちが登場します 時には 普通の猫の姿で段ボールに入ったり  人のやることを冷やかに見たり。 時には 人のようにお料理を作ったり ピクニックしたり 演歌を歌ったり 描かれた猫の絵がどれも本当に愛らしくて 平和です2018/04/15

keradokena

2
1年365日、毎日が○○の日。紹介されているのは日本の暦だったり、記念日だったり、世界の記念日だったり。おしゃれなにゃんこのイラストとほっこりする日記と共に。例えば2月21日は『漱石の日』。日記は『我輩は猫である。名前はまだない。(本当は太郎)』みたいな。日本のザリガニはアメリカ人が逃がした20匹からはじまったなど雑学も。作者の中西さんのことは『おしゃれな猫の絵を描く料理人?よぅ知らんけど』な印象だったのだが、『はじめに』を読んで中西さんのことが好きになった。2023/08/05

cinnamon

1
一日一頁ずつ読んでいた。猫のいる風景とその日常にほっこり。まれにくまのプーさんがいたり、キ○ィちゃん的な存在が出てきたりして、笑かすやらドキドキするやら。やはり猫の神様は彼女なのか。2022/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12404426
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。