• ポイントキャンペーン

いま飲みたい“活きたワイン”の生産者を訪ねて ヴァン・ナチュール自然なワインがおいしい理由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416613597
  • NDC分類 588.55

内容説明

いま注目されている、自然なワイン、ヴァン・ナチュール。できる限り何も足さない、何も引かない。自然の法則に逆らわず造られる、葡萄のエキスそのものの味わいです。ヴァン・ナチュールはどのように生まれるのか、造り手はどのような思いを込めているのか。魅力あふれるワインとその造り手を現地に訪ねたルポルタージュ。巻末に「ヴァン・ナチュールが買える店、飲める店」リスト付き。

目次

FRANCE(ボジョレ;ブルゴーニュ;ロワール;アルザス ほか)
フランス以外(AUSTRIA;ITALY;JAPAN)

出版社内容情報

ヴァンナチュール(ナチュラルなワイン)の人気を定着させた「FESTIVIN」が、注目のワインと醸造家を、現地取材を交えて紹介

ワインバーやレストランでジワジワ人気が上がっているヴァン・ナチュール(ナチュラル・ワイン)。日本語に訳せば“自然に造ったワイン”という意味だが、実は厳密な定義はないという。それならば実際に造っている人を訪ねて、生産者の言葉で語ってもらおうと企画されたのが本書。
ヨーロッパを中心にのべ1年にわたる取材の末に見えてきたのは、十人十色のワイン造りがあること。そんななかで共通するのは、自然に敬意を払って葡萄を育て、そのすべてをワインに詰め込むべく、できる限り「何も足さない」「何も引かない」醸造方法に真剣に取り組む生産者たちの姿。栽培では化学合成された肥料、除草剤、殺虫剤、醸造では培養酵母、酵素、SO?(二酸化硫黄)などのケミカルなものに極力頼らないワイン造りは、微生物汚染や酸化の危険と隣り合わせの綱渡りではあるけれど、努力を惜しまず造りあげたワインには、単なる飲み物にとどまらない、心踊る個性がある。従来型のワインに、大量生産の工業製品のようなものが多いなか、ヴァン・ナチュールは手仕事のクラフツといえるかもしれない。ワイン造りを通して自らの人生を語ってくれたのは、ヨーロッパを中心に74人の生産者。 
さらに2010年から恒例となった、ヴァン・ナチュールのお祭りFESTIVIN(フェスティヴァン。代表・勝山晋作・ワインバー<祥瑞><楽記>店主)・スタッフによる座談会、<チーム・フェスティヴァン>としてこのイベントに料理を提供するレストラン、ワインバーからのメッセージ、ヴァン・ナチュールが買える店、飲める店も多数収録している。

・ヴァンナチュールってどんなワイン?
・フランス各地の生産者を訪ねて
・ヴァンナチュールの父、マルセル・ラピエールのこと
・フランスのヴァンナチュールと生産者紹介
・イタリア、オーストリア、日本のヴァンナチュールと生産者紹介
・ソムリエに聞く、ヴァンナチュールの魅力
・ヴァンナチュールが飲める店、買える店

【著者紹介】
ワイン専門誌、ライフスタイル誌などを中心に執筆するワインと食のライターで、FESTIVINのスタッフ。監修はFESTIVIN実行委員会が務めた。