デジタルカメラによる水中撮影テクニック

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

デジタルカメラによる水中撮影テクニック

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月07日 21時26分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416613467
  • NDC分類 746.5

目次

水中撮影のためのカメラとレンズの基礎知識
水中ハウジングの選び方・使い方
水中撮影のためのカメラの設定と操作
水中ストロボのライティングテクニック
ワイドレンズ・マクロレンズを使いこなす
水中撮影の実践テクニック
撮影後のRAW現像

著者紹介

峯水亮[ミネミズリョウ]
海洋写真家。1970年大阪府枚方市生まれ。1997年に峯水写真事務所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

デジタルカメラを使った海中での撮影法を、新進気鋭の水中写真家 峯水亮がわかりやすく丁寧に解説します。

水中写真は、ほかの自然写真と違い機材の装備も違えば自由度も違うため、あらかじめ撮影のイメージングをしておくことが肝心です。また、魚など生き物を撮影するのであれば、撮影したいその瞬間をどうとらえるかがポイントになります。本書では、撮影する対象やロケーションなど項目を設けて撮影テクニックを紹介するほか、コンデジからデジタル一眼まで、撮影機材を生かした撮影法を紹介します。ベテランから初心者まで、ぜひ読んでいただきたい水中写真撮影愛好家にオススメの一冊です。

【著者紹介】
1970年 大阪府生まれ。20歳のときに静岡県の大瀬崎の海の魅力に惹かれ、大瀬崎の現地ダイビングインストラクターとしてガイドの仕事をはじめる。1年320日以上を潜り、フィッシュウオッチングブームのさきがけとなり、番組の制作のアシストや著名な写真家 中村征夫氏や吉野雄輔氏の撮影ガイドなどを経験しながら自らも水中撮影に励む。7年間のガイド生活を経たのち、1997年にフリーランスフォトグラファーとして独立する。生態写真だけを用いた日本の海の甲殻類図鑑『海の甲殻類』を文一総合出版より刊行し、高い評価を得る。他に主な著書に『ポケット図鑑 日本の海水魚466』『サンゴ礁のエビハンドブック』(以上文一総合出版)