これ、なんで劇場公開しなかったんですか?―スクリプトドクターが教える未公開映画の愉しみ方

個数:

これ、なんで劇場公開しなかったんですか?―スクリプトドクターが教える未公開映画の愉しみ方

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年06月26日 17時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416517222
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0095

内容説明

『45歳からの恋の幕アケ!!』『ザ・サンド』『妹の体温』『ターゲット』『NINJA』『ガール・ライク・ハー』『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』『私はゴースト』『アメリカン・レポーター』『大人の女子会・ナイトアウト』『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』『チャット~罠に堕ちた美少女~』『あなたとのキスまでの距離』『6年愛』『人生はローリングストーン』『アイ・オリジンズ』『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』『ロシアン・スナイパー』『バスルーム 裸の二日間』『処刑島みな殺しの女たち』『恋する宇宙』『エマニュエル・ベアール 赤と黒の誘惑』『マザーハウス恐怖の使者』『あしたの家族のつくり方』『バイオレンス・マウンテン凌辱の山』『ウンギョ青い蜜』『タイム・シーカー』ほか。

目次

劇場未公開映画の愉しみ方
ジャンル映画の登場人物も「生きているひと」である
ひとの心の内面は映画に映るのか?
絶妙なアレンジが光るリメイク作品
真面目なB級映画は、不真面目なA級映画よりも遙かに面白い!
いじめの構造をフェイクドキュメンタリースタイルで描いた意欲作
精神感応をモチーフにした異色ラブストーリー
幽霊側の視点から描く「止まった心の時間」の進め方
イラク戦争を背景に、アメリカ人女性従軍レポーターの成長を描く「コメディ」?
幸せなのにどこか満たされない主婦たちが体験するひと晩のアドベンチャー
80年代スラッシャー映画の世界に入り込んでしまった現代女子高生の大活躍!
愛娘がネットの性犯罪に巻き込まれてしまった家族の、葛藤と崩壊と再生の物語
「夢を諦めきれない中年男」の孤独と苦悩をメロドラマの体裁で描いた秀作
交際6年目のカップルがわずかな軋みをきっかけに愛情を取りこぼしてゆく物語
自己開示できない男性性の弱さを切実かつチャーミングに描いた正義の映画
カーアクションをモチーフに、フェミニズム文化の台頭を描いた異色スリラー

著者等紹介

三宅隆太[ミヤケリュウタ]
脚本家・映画監督・スクリプトドクター・心理カウンセラー。1972年東京生まれ。大学在学中に若松プロダクションの助監督になり、その後フリーの撮影・照明助手として映画、TVドラマ等に多数参加。ミュージックビデオのディレクターを経由して脚本家・監督に。日本では数少ないスクリプトドクターとして国内外の映画企画に多数参加する傍ら、東京藝術大学大学院をはじめ各種大学やシナリオ学校等で教鞭も執っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

脚本家、映画監督、スクリプトドクター(脚本のお医者さん)、心理カウンセラー等、多方面で活躍する著者初の映画コラム!世の中には「このままではなかったことにされてしまうかもしれない映画」があります。
それが「劇場未公開映画」。

毎月、レンタルショップには何十本というDVD作品が入荷され、
話題作以外、特に劇場公開されなかった作品は、
そのまま誰の目にも触れないまま棚の隅に追いやられ、最後には廃棄、
またはレンタル落ちとしてワゴンセールされてしまうのが現状。
しかし、そんな中にも、「面白い」作品は数多くあるのです。

本書では、そんな劇場未公開作品をとりあげ、それが「いかに面白いのか」を解説。
レンタルショップで埋もれてしまうにはあまりにももったいない「掘り出しもの」を、
「どこが」「なぜ」良いのか、映画監督にして脚本家、
そしてスクリプトドクターとしても現在活躍中の著者が、
アカデミックかつユーモラスに徹底紹介。
B級作品から文芸作品まで、劇場未公開映画の愉しみ方を伝授します。

あなたの「生涯の一本」は、劇場未公開映画にあるかもしれない!

※本書はよみもの.com(http://43mono.com/)にて連載した内容に加筆、修正を加えたものです。

三宅 隆太[ミヤケリ ュウタ]
三宅 隆太:脚本家・映画監督・スクリプトドクター・心理カウンセラー。1972年東京生まれ。大学在学中に若松プロダクションの助監督になり、その後フリーの撮影・照明助手として映画、TVドラマ等に多数参加。ミュージックビデオのディレクターを経由して脚本家・監督に。日本では数少ないスクリプトドクターとして国内外の映画企画に多数参加する傍ら、東京藝術大学大学院をはじめ各種大学やシナリオ学校等で教鞭も執っている。TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』での映画談義も好評で、リスナーから厚い支持を集めている。主な作品に、映画『ホワイトリリー』『劇場霊』『クロユリ団地』『七つまでは神のうち』『呪怨 白い老女』など。TVドラマ『劇場霊からの招待状』『クロユリ団地?序章』『世にも奇妙な物語』『女子大生会計士の事件簿』『古代少女ドグちゃん』『恋する日曜日』『時々迷々』ほか多数。著書に『スクリプトドクターの脚本教室・初級篇』『スクリプトドクターの脚本教室・中級篇』(ともに新書館)などがある。