美しい和のガラス―明治、大正、昭和のレトロでかわいい器と生活雑貨

個数:

美しい和のガラス―明治、大正、昭和のレトロでかわいい器と生活雑貨

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年06月24日 21時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416516225
  • NDC分類 751.5
  • Cコード C0072

出版社内容情報

明治から昭和初期にかけて日本国内で生産されたガラス製品。器や雑貨などを美しいビジュアルをメインとして紹介する。明治から昭和初期にかけて、日本国内で生産が広まったガラス製品。

西洋のデザインを模倣した製品や、その途中でオリジナリティが加えられたもの、
また、日本古来の文様と融合したデザインなど、バラエティ豊かなガラスが作られていました。
同じ形であっても色や模様のバリエーションが多様で、様々な表情を見せています。

ガラスは、工業的な背景だけではなく、文化的な背景とともに発展してきました。
かき氷を盛るための「氷コップ」、アイスクリーム専用の「アイスクリームコップ」、
広まり始めた洋酒を飲むための「リキュールグラス」……。

本書ではそうした「和のガラス」を美しいビジュアルで展開し、紹介します。
ガラスの持つ透明感や軽やかさの伝わる写真を数多く掲載。
細部へのクローズアップや、別角度からも見つめることで、さらに作品の奥深さを味わうことができます。


井上 曉子[イノウエ アキコ]
井上 曉子:東海大学大学院・大妻女子大学非常勤講師。日本ガラス工芸学会理事・前会長。東大寺や平等院のガラス、また薩摩切子、品川硝子など、古代から近代に至る日本のガラス工芸史を主として研究。

齊藤 晴子[サイトウ ハルコ]
齊藤 晴子:町田市立博物館学芸員。専門はガラス工芸史。「江戸切子ー日本のカットガラスの美と伝統ー」展(2011年)、「和ガラスのうつわー近代日本のかわいいデザインー」展(2015年)などを企画・担当。日本ガラス工芸学会理事。

目次

氷コップ
ソーダコップ
アイスクリームコップ
みつ豆鉢・小鉢
コップ
リキュールグラス
プレス皿
醤油差し
ソース差し

コースター
上絵付け・エナメル彩
文房具
おもちゃ・ミニチュア
時計
色被せ切子

著者等紹介

齊藤晴子[サイトウハルコ]
町田市立博物館学芸員。専門はガラス工芸史。日本ガラス工芸学会理事

井上曉子[イノウエアキコ]
東海大学・大妻女子大学非常勤講師。日本ガラス工芸学会理事・前会長。東大寺や平等院のガラス、また薩摩切子、品川硝子など、古代から近代に至る日本のガラス工芸史を主として研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。