食で元気!
からだの不調が消える!腸を温める食事法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784415313962
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C2077

内容説明

“腸冷え”を解消すると万病に効果アリ!!腸内環境を改善する食事と生活。腸スッキリおいしい104レシピ。

目次

1 知って得する!腸のしくみと腸ストレスの基本(酸化ストレス―腸の中で活性酸素が増えて、腸はもちろん体がサビる;低体温ストレス―冷房のかけ過ぎなどで腸が冷えて、便秘がひどくなる;欠食・偏食ストレス―食事を抜いたり偏食ばかりだと、腸の動きは悪くなる;心理ストレス―ストレスフルな状況が続くと、便秘と下痢を繰り返す;免疫ストレス―過度なダイエットや睡眠不足で、免疫力が下がる)
2 腸を温める!善玉菌を増やす!おいしいレシピ(食物繊維は不溶性と水溶性のバランスを2:1にして摂る;EXVオリーブオイルやオレイン酸の多い食材でスッキリ!;植物性乳酸菌&納豆菌をおいしく取り入れる!;マグネシウム&カルシウムで腸の働きを活発に!;ビタミンC&ファイトケミカルで腸の病気から守る!;グルタミン&ベータ‐グルカンで腸を健康にし、免疫力アップ!)

著者等紹介

松生恒夫[マツイケツネオ]
1955年東京生まれ。医学博士。松生クリニック院長。東京慈恵会医科大学卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門病センター診療部長などを経て、2004年、東京都立川市に松生クリニックを開業

牛尾理恵[ウシオリエ]
栄養士。料理研究家に師事した後、料理専門の制作会社を経て独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。